朝歌4月27日
c0169176_8143091.jpg

am6:00

c0169176_815940.jpg

くもかすみかさなるさきにあおうすく

c0169176_8154731.jpg

雲霞重茫其上淡清
# by mteisi | 2017-04-27 08:16 | 朝歌
c0169176_86680.jpg

ユウ・ウ うれえる・なやむ・くるしむ・も
会意
ユウ(頁の下に心)と夊からなる。
ユウの頁は儀礼を行うときの人の姿。
この場合は頭に喪章をつけた形。
夊は後ろ向きの足跡の形。
憂は喪中で、
愁え佇む人の形。
# by mteisi | 2017-04-27 08:13 | 語源で遊ぶ
萬葉集651
c0169176_7525775.jpg

十六年甲申正月五日諸卿大夫集安倍蟲麻呂朝臣家宴歌一首 作者不審
吾屋戸乃 君松樹尒 零雪乃 行者不去 待西將待
吾がやどの 君松の木に 零る雪の 行きには行かじ 待ちにし待たむ
同月十一日登活道岡集一株松下飮歌一首
一松 幾代可歷流 吹風乃 聲之清者 年深香聞
一つ松 幾代か経ぬる 吹く風の 音の清きは 年深みかも
 右一首市原王作

澤瀉久孝著「万葉集注釈」6より
# by mteisi | 2017-04-27 08:05 | 萬葉集
孔子261
c0169176_7384915.jpg

十二
子曰、人而無遠慮、必有近憂、
子の曰わく、人にして遠き慮り無ければ、必ず近きに憂い有り。
先生がいわれた、「人として遠くまでの配慮がないようでは、きっと身近い心配ごとが起こる。」

十三
子曰、已矣乎、吾未見好徳如好色者也、
子の曰わく、已んぬるかな。吾れ未だ徳を好むこと色を好むが如くする者を見ざるなり。
先生がいわれた、「おしまいだなあ。わたしは美人を好むように徳を好む人を見たことがないよ。」

十四
子曰、臧文仲其竊位者與、知柳下惠之賢、而不與立也、
子の曰わく、臧文仲は其れ位を窃める者か。柳下惠の賢を知りて与に立たず。
先生がいわれた、「臧文仲はまあ[職責を果たさないで]位を盗んだ人だろう。柳下惠のすぐれていることを知りながら、[推薦して]いっしょにお仕えすることをしなかった。
# by mteisi | 2017-04-27 07:52 | 孔子
朝歌4月26日
c0169176_7572133.jpg

am6:00

c0169176_7573493.jpg

すみながしそめがみつくるはいのそら

c0169176_873114.jpg

墨流染子雲様含雨
# by mteisi | 2017-04-26 08:07 | 朝歌
c0169176_750086.jpg

ケイ ひらく
会意
字形はケイと攴からなる。
ケイは神棚の中に祝禱の器である
口・サイを収めている形。
金文の字形は攴ではなく又が多く、
神棚の扉を又(手の形)であけることを啓という。
攴は手に棒を持って殴つ意がある。
# by mteisi | 2017-04-26 07:56 | 語源で遊ぶ
萬葉集650
c0169176_7423227.jpg

吾背子與 二人之居者 山高 里尒者月波 不曜十万余思
吾が背子と 二人しをれば 山高み 里には月は 照らずともよし
安積親王宴左少弁藤原八束朝臣家之日内舎人大伴宿祢家持作歌一首
久堅乃 雨者零敷 念子之 屋戸尒今夜者 明而將去
ひさかたの 雨はふりしく 思ふ子が、やどに今宵は 明してゆかむ

澤瀉久孝著「万葉集注釈」6より
# by mteisi | 2017-04-26 07:49 | 萬葉集
孔子260
c0169176_7405072.jpg

十一
顔淵問爲邦、子曰、行夏之時、乘殷之輅、服周之冕、樂則韶舞、放鄭聲、遠佞人、鄭聲淫、佞人殆、
顔淵、邦を為めんことを問う。子の曰わく、夏の時を行い、淫の輅に乗り、周の冕を服し、樂は則ち韶舞し、鄭声を放ちて佞人を遠ざけよ。鄭声は淫に、佞人は殆うし。
顔淵が国の修めかたをおたずねした。先生はいわれた、「夏の暦を使い、殷の輅の車に乗り、周の冕の冠をつける。音楽は[舜の]韶の舞いだ。鄭の音曲をやめて口上手なものを退ける。鄭の音曲は淫らだし、口上手なものは危険だから。」
# by mteisi | 2017-04-26 07:41 | 孔子
朝歌4月25日
c0169176_80559.jpg

am7:01

c0169176_802120.jpg

しらくものうすくやわらぎかろきあさ

c0169176_805660.jpg

薄妙白雲軽紗清旦
# by mteisi | 2017-04-25 08:02 | 朝歌
c0169176_7571548.jpg

ギュウ うし
象形
牛を正面からみた形。
# by mteisi | 2017-04-25 07:58 | 語源で遊ぶ