懐風藻68
c0169176_756485.jpg

68
於宝宅宴新羅客
 長屋王

高旻開袁照 遙嶺靄浮烟 有愛金蘭賞 無疲風月筵
桂山餘景下 菊浦落霞鮮 莫謂滄波隔 長為壮思篇

宝宅において新羅の客を宴す
 
高旻袁照を開き 遙嶺浮烟靄たり 金蘭の賞を愛するあり 風月の筵に疲るることなし
桂山餘景の下 菊浦落霞鮮かなり 謂ふことなかれ滄波隔たると 長くなさむ壮思の篇

秋空は遠くすみわたり、遙かな山の峰に霞がたなびいている。同心の友と賞美の宴をひらき、
風月を眺めて疲れを知らない。桂の山の残照もあわくなり、菊の水辺は夕焼けが鮮やかである。謂ってくれるな、海山を遠く隔たると。長く壮思の心を詩に詠おうから。
by mteisi | 2013-04-04 08:13 | 懐風藻


<< 復      古今和歌集1034 >>