賈至
c0169176_725219.jpg

春思
 賈至

草色青青柳色黄 桃花歷亂李花香 東風不爲吹愁去 春日偏能惹恨長

春思 しゆんし
 賈至 かし

草色青青として柳色黄なり 桃花歷亂として李花香し 東風爲に愁を吹き去らず 春日偏に能く恨を惹いて長し

草の色は青々として柳の新芽は黄色い。桃の花はいっぱい咲きみだれ、李の花は香りが高い。東風はそよそよと吹いてくるが、わたしの愁いを吹きはらってはくれない。春の日はうららかだが、ただただわたしのなげきをさそって日足の長くつづくばかり。
by mteisi | 2013-10-02 07:03 | 唐詩選七絶


<< 羅      山家集456 >>