皮日休
c0169176_08050222.jpg

閑夜酒醒

 皮日休

醒來山月高 孤枕羣書裏 酒渇漫思茶 山童呼不起

醒め來れば山月高し 孤枕羣書の裏 酒渇して漫りに茶を思うも 山童呼べども起きず

一睡して目が覚めると山月が高く窓からさし込んでくる。枕元には書がいっぱいである。酒にのどが渇いて茶を飲みたいと思うが、召使いの童子は寝込んで目を覚まさない。


by mteisi | 2015-01-12 08:05 | 五絶


<< 摂政太政大臣      哉 >>