萬葉集671
c0169176_7431473.jpg

明日之夕 將照月夜者 片因尒 今夜尒因而 夜長有
明日の宵 照らむ月夜は 片よりに 今宵によりて 夜長からなむ
玉垂之 小簾之間通 獨居而 見驗無 暮月夜鴨
玉垂の 小簾の間通し 獨居て 見るしるし無き 夕月夜かも

澤瀉久孝著「万葉集注釈」7より
by mteisi | 2017-05-17 07:52 | 萬葉集


<< 侯      孔子281 >>