萬葉集919
c0169176_08071786.jpg

秋野之 草花我末乎 押靡而 來之久毛知久 相流君可聞

秋の野の 尾花が末を おしなべて 來しくもしるく あへる君かも


c0169176_08072003.jpg

今朝鳴而 行之鴈鳴 寒可聞 此野乃淺茅 色付尒家類

今朝鳴きて 行きし雁がね 寒みかも この野の淺茅 色づきにける





by mteisi | 2018-01-22 08:08 | 萬葉集


<< 智      詩経168 >>