割れた茶碗
愛用のご飯茶碗が割れてしまった。小鹿田の柳瀬朝夫さんのものだと思っていたが、あまねや工芸店の川口さんに確かめてみると、今は引退された坂本茂木さんのものだと解かった。
小鹿田は昔ながらのしきたりの中で共同で作陶を営んでいる。最近はやりの「アート的なオブジェ風」や「ゆるめのほのぼの系」とは一線を画した技術と造形の確かさがある。だが物を選ばないと、退屈な繰り返しの仕事も多い。
1500円で手に入れた藁刷毛目碗は、凛とした姿と藁筆の大胆な刷毛目が美事だった。李朝の茶碗にも負けないかなと思って、大事に使っていたが割れてしまった。自分でボンドで接ごうと思ったが、金接ぎをすることにした。
このブログでは書だけを紹介しようと思っていたが、手仕事も大切に思っているので気にかかっているものを、紹介することにした。
c0169176_17543453.jpg

by mteisi | 2008-08-24 18:03 | 手仕事


<< 書の基本      福岡正信 >>