2017年 01月 31日 ( 4 )
朝歌1月31日
c0169176_82296.jpg

am7:09

c0169176_823773.jpg

ぶわりぶわあつまるくものいちめんに

c0169176_824063.jpg

舞割舞輪集雲一面
by mteisi | 2017-01-31 08:03 | 朝歌
c0169176_75691.jpg

コク なく
■(口口・けん)と犬からなる。
ケンは祝禱を収める器の口(さい)を二つ並べた形。
犬は犬牲。
犬牲を供えて祝禱する意である。
哭は葬送の際の儀礼で、
哭泣することをいう。
by mteisi | 2017-01-31 08:01 | 語源で遊ぶ
萬葉集
c0169176_7552323.jpg

泊瀬女 造木綿花 三吉野 瀧乃水沫 開來受屋 
泊瀬女の つくる木綿花 み吉野の 瀧の水沫に さきにけらずや
by mteisi | 2017-01-31 07:55 | 萬葉集
孔子176
c0169176_7543463.jpg


司馬牛問仁、子曰、仁者其言也紉、曰、其言也紉、斯可謂之仁己乎、子曰、爲之難、言之得無紉乎、
司馬牛、仁を問う。子の曰わく、仁者は其の言や紉。曰わく、其の言や紉、斯てこれを仁と謂うべきか。子の曰わく、これを爲すこと難し。これを言うに紉なること無きを得んや。
司馬牛が仁のことをおたずねした。先生はいわれた、「仁の人はそのことばがひかえめだ。」「そのことばがひかえめなら、それで仁といって宜しいのでしょうか。」先生はいわれた、「実践がむつかしい[と思えば]、ものいうこともひかえないでおれようか。[そこが大切なところだ。]」
by mteisi | 2017-01-31 07:54 | 孔子