2017年 02月 17日 ( 4 )
朝歌2月17日
c0169176_7572571.jpg

am7:26

c0169176_7574318.jpg

くもふかみくらくしゆかむあめふらし

c0169176_7583025.jpg

雲深幽闇含雨蓋天
by mteisi | 2017-02-17 07:59 | 朝歌
c0169176_7545424.jpg

カン・セン・コウ めぐる・わたる
象形
上下の二線の区画のあいだに、
垣などのめぐる形。
by mteisi | 2017-02-17 07:56 | 語源で遊ぶ
萬葉集583
c0169176_753435.jpg

c0169176_7534981.jpg

c0169176_7535635.jpg

三年丙寅秋九月十五日幸於播磨國印南野時笠朝臣金村作歌一首 并短歌
名寸隅乃 船瀬従所見 淡路嶋 松帆浦尒 朝名藝尒 玉藻苅管 暮菜寸二 藻塩燒乍 海未通女 有跡者雖聞 見尒將去 餘四能無者 丈夫之 情者梨荷 手弱女乃 念多和美手 俳徊 吾者衣戀流 船梶雄名三
名寸隅の 船瀬ゆ見ゆる 淡路島 松帆の浦に 朝凪に 玉藻刈りつゝ 夕凪に 藻盬燒きつゝ 海人をとめ ありとは聞けど 見にゆかむ よしの無ければ ますらをの 心は無しに 手弱女の 思ひたわみて たもとほり 吾はぞ戀ふる 船楫を無み
by mteisi | 2017-02-17 07:54 | 萬葉集
孔子193
c0169176_7524063.jpg

廿二之二
子夏曰、富哉是言乎、舜有天下、選於衆擧皐陶、不仁者遠矣、湯有天下、選於衆擧伊尹、不仁者遠矣、
子夏が曰わく、富めるかな、是の言や。舜、天下を有ち、衆に選んで皐陶を挙げしかば、不仁者は遠ざかれり。湯、天下を有ち、衆に選んで伊尹を挙げしかば、不仁者は遠ざかれり。
子夏はいった、「充実しているね、sのおことばは、舜が天下を取ったとき、大勢の中から選っmで皐陶をひきたてたので、仁でない者ども遠ざかった。湯が天下を取ったときも、大勢の中から選んで伊尹をひきたてたので、仁でない者どもは遠ざかったのだ。」
by mteisi | 2017-02-17 07:53 | 孔子