2017年 05月 14日 ( 4 )
朝歌5月14日
c0169176_8112283.jpg

am5:26

c0169176_81253.jpg

つきじろのみえかくれするくもなかに

c0169176_8124181.jpg

清少白月雲中出入
by mteisi | 2017-05-14 08:13 | 朝歌
c0169176_893029.jpg

ソウ はしる・おもむく・さる
象形
両手を振って走る形。
by mteisi | 2017-05-14 08:10 | 語源で遊ぶ
萬葉集668
c0169176_802826.jpg

反歌二首
眞十鏡 見宿女乃浦者 百船 過而可徃 濵有七國
まそ鏡 敏馬の浦は 百船の 過ぎて行くべき 濵ならなくに
濵清 浦愛見 神世自 千船湊 大和太乃濵
濵清み 浦うるはしみ 神代より 千船の泊つる 大わだの濵
 右二首田邊福麻呂之歌集中出也

澤瀉久孝著「万葉集注釈」6より
by mteisi | 2017-05-14 08:08 | 萬葉集
孔子278
c0169176_74647.jpg

一之四
孔子曰、求、君子疾不舍曰欲之而必更爲之辭、丘也聞、有國有家者、不患寡而患不均、不患貧而患不安、
孔子の曰わく、求よ、君子は夫のこれを欲す曰うを舍いて必ずこれが辞を為すことを疾む。丘や聞く、国を有ち家を有つ者は寡なきを患えずして均しからざるを患え、貧しきを患えずして安からざるを患うと。
孔子は言われた「求よ。[欲しいくせに]それをはっきりいわないでおいて、何とかそのいいわけをするというようなことを、君子は憎む。自分の聞くところでは、『国を治め家を治める者は、[人民の]少ないことを心配しないで[取り扱いの]公平でないことを心配し、貧しいことを心配しないで[人心の]安定しないことを心配する。』というが、
by mteisi | 2017-05-14 07:59 | 孔子