2017年 06月 05日 ( 4 )
朝歌6月5日
c0169176_8142410.jpg

am6:02

c0169176_8143267.jpg

ねずぞらのしろさひろげてひかりみち

c0169176_8143879.jpg

鼠空白景明光満居
by mteisi | 2017-06-05 08:16 | 朝歌
c0169176_810401.jpg

ガイ かる・おさめる
形声
声符は乂。
乂は鋏の形。
刀も乂もともに刈り取るもの。
by mteisi | 2017-06-05 08:13 | 語源で遊ぶ
萬葉集690
c0169176_822715.jpg

湯種蒔 荒木之小田矣 求跡 足結出所沾 此水之湍尒
ゆ種蒔く 新墾の小田を 求めむと 足結ひ出で濡れぬ この川の瀬に
古毛 如此聞乍哉 偲兼 此古川之 清瀬之音尒
いにしへも かく聞きつゝや しのひけむ この古川の 清き瀬の音を

澤瀉久孝著「万葉集注釈」7より
by mteisi | 2017-06-05 08:10 | 萬葉集
孔子300
c0169176_7455829.jpg


公山不擾以費畔、召、子欲往、子路不説曰末之也已、何必公山氏之之也、子曰、不召我者、而豈徒哉、如有用我者、吾其爲東周乎、
公山不擾、費を以て畔く。召く。之往かんと欲す。子路説ばずして曰わく、之くこと末きのみ。何ぞ必ずしも公山氏にこれ之かん。子の曰わく、夫れ我れを召く者にして、豈に徒ならんや。如し我れを用うる者あらば、吾れは其れ東周を為さんか。
公山不擾が費の町に拠って叛いたとき、先生をお招きした。先生は行こうとされた。子路は面白くなくて「おいでになることもないでしょう。どうして公山氏などのところへ行かれるのです。」というと、先生はいわれた、「ああしてわたくしを呼ぶからには、まさか形だけでもなかろう。もしだれかわたくしを用いてくれる人がいるなら、わたしはまあ東の周を興すのだがね。」
by mteisi | 2017-06-05 08:01 | 孔子