2017年 06月 10日 ( 4 )
朝歌6月10日
c0169176_7584567.jpg

am6:02

c0169176_7585194.jpg

しらくもとべにすそぐもとあおぞらと

c0169176_7585630.jpg

紅裾雲上白雲青空
by mteisi | 2017-06-10 08:00 | 朝歌
c0169176_7382869.jpg

ドウ あるまる・おなじ・ととのう
会意
卜文・金文の字形は、
凡と口からなる。
凡は盤の形。
口はサイで祝禱を収める器の形。
会同のときの儀礼を示す字とみられる。
その盤は酒器のようで、
王の即位の大礼を示すものに、
同瑁と呼ばれる酒器が用いられ、
卽以する新王と、
その王霊の媒介者である聖職者太保の間に、
同瑁による献酬が行われる。
それで同にまた酒杯の意があり、
その杯で酒を地にそそぐことを興、
人にそそぐことを釁という。
これらの字の上部は、
両手で同をもち、
これで酒をそそぐことを示す字で、
同がその儀礼に用いられる
筒形の酒杯であることを示す字形である。
すなわち同は祓い清めること、
祓い清めることによって一体になること、
その儀礼への参加者が合一することを意味する。
by mteisi | 2017-06-10 07:58 | 語源で遊ぶ
萬葉集695
c0169176_7365632.jpg


詠蘿
三芳野之 青根我峯之 蘿席(脱字) 誰將織 經緯無二
み芳野の 青根が峯の こけむしろ 誰か織りけむ 經緯無しに
詠草
妹等所 吾通路 細竹爲酢寸 吾通 靡細竹原
妹らがり 我が行く道の 細竹すすき 吾し行きなば 靡け細竹原

澤瀉久孝著「万葉集注釈」7より
by mteisi | 2017-06-10 07:37 | 萬葉集
孔子305
c0169176_7355786.jpg

八之二
好信不好學、其蔽也賊、好直不好學、其蔽也絞、好勇不好學、其蔽也亂、好剛不好學、其蔽也狂、
信を好みて学を好まざれば、其の蔽や賊。直を好みて学を好まざれば、其の蔽や絞。勇を好みて学を学ばざれば、其の蔽や乱。剛を好みて学を好まざれば、其の蔽や狂。
信義を好んでも学問を好まないと、その害として[かたくなになって]人をそこなうことになる。まっ直ぐなのを好んでも学問を好まないと、その害としてきゅうくつになる。勇気を好んでも学問を好まないとその害として乱暴になる。剛強を好んでも学問を好まないと、その害として自分かってなでたらめになる。[仁智などの六徳はよいが、学問によって実行の標準を知らねがならない。]」
by mteisi | 2017-06-10 07:36 | 孔子