2017年 06月 12日 ( 4 )
朝歌6月12日
c0169176_8161683.jpg

am5:35

c0169176_8162352.jpg

めのまえにほっかりうかぶやさしづき

c0169176_8162826.jpg

目前浮居柔円之月
by mteisi | 2017-06-12 08:18 | 朝歌
c0169176_89479.jpg

イ なづける・いう・おもう
形声
声符は胃。
[説文]に「報ずるなり」と報知の意とするが、
もとは名づける意であったらしい。
胃をいうに仮借したもの。
謂は石鼓文に初めて出てくる。
胃の田は胃袋の中身を表す。
by mteisi | 2017-06-12 08:15 | 語源で遊ぶ
萬葉集697
c0169176_7595111.jpg

佐保川尒 小驟千鳥 夜三更而 尒音聞者 宿不難尒
佐保川に さをどる千鳥 夜くたちて 汝が聲聞けば いねかねてなく
思故郷
清湍尒 千鳥妻喚 山際尒 霞立良武 甘南備乃里
清き瀬に 千鳥妻よび 山の際に 霞立つらむ 甘南備の里

澤瀉久孝著「万葉集注釈」7より
by mteisi | 2017-06-12 08:09 | 萬葉集
孔子307
c0169176_742435.jpg


子謂伯魚曰、女爲周南召南矣乎、人而不爲周南召南、其猶正牆面而立也與、
子、伯魚に謂いて曰わく、女周南・召南を爲びたるか。人にして周南・召南を学ばずんば、其れ猶お正しく牆に面して立つがごときか。
先生が伯魚に向かっていわれた、「お前は周南と召南の詩を修めたか。人として周南と召南の詩を修めなければ、まあちょうど塀をまん前にして立っているようなものだな。[何も見えないし、一歩も前進できない。]」

十一
子曰、禮云禮云、玉帛云乎哉、樂云樂云、鐘鼓云乎哉、
子の曰わく、礼と云い礼と云うも、玉帛を云わんや。楽と云い楽と云うも、鐘鼓を云わんや。
先生がいわれた、「礼だ礼だといっても、玉や絹布のことであろう。楽だ楽だといっても、鐘や太鼓のことであろうか。[儀礼や雅楽は形式よりもその精神こそが大切だ。]」
by mteisi | 2017-06-12 07:59 | 孔子