2017年 06月 18日 ( 4 )
朝歌6月18日
c0169176_822395.jpg

am6:00

c0169176_2353721.jpg

みかづきのかたちとらえてけさのそら

c0169176_823457.jpg

三日月之今旦空也
by mteisi | 2017-06-18 08:24 | 朝歌
c0169176_8174940.jpg

ソウ しぬ・も・うしなう・ほろぼす
会意
哭と亡からなる。
哭は祝禱を収める口・サイを二つ並べ、
犬牲を供えて哀哭する意。
亡は死者の形。
サイを並べ犬牲を供えて死者に対して、
哀哭することをいう。
by mteisi | 2017-06-18 08:22 | 語源で遊ぶ
萬葉集703
c0169176_8163015.jpg

山背作
氏河齒 予杼瀬無之 阿自呂人 舟召音 越コチ所聞
宇治河は 淀瀬無からし 網代人 舟呼ばふ聲 をちこち聞こゆ
氏河尒 生菅藻乎 河早 不取來尒家里 褁爲益緒
宇治河に 生ふるすが藻 河早み 取らず來にけり つとにせましを

澤瀉久孝著「万葉集注釈」7より
by mteisi | 2017-06-18 08:16 | 萬葉集
孔子313
c0169176_8153523.jpg

廿一之一
宰我問、三年子喪期已久矣、君子三年不爲禮、禮必壞、三年不爲楽、樂必崩、??穀既没、新穀既升、鑽燧改火、期可已矣、子曰、食夫稻、衣夫錦、於女安乎、曰、安、
宰我問う、三年の喪は期にして已に久し。君子三年礼を為さずんば、礼必ず壞れん。三年楽を為さずんば、楽必ず崩れん。旧穀既に没きて新穀既に升る、燧を鑽りて火を改む。期にして已むべし。子の曰わく、夫の稲を食らい、夫の錦を衣る、女に於いて安きか。曰わく、安し。
宰我が「三年の喪は、まる一年でも十分の長さです。君子が三年も礼を修めなければ、礼はきっとすたれましょう。三年も楽を修めなければ、楽はきっとだめになりましょう。古い穀物が無くなって新しい穀物が実り、火取りの木をこすって火を作りかえる[というように、一年ごとにひとめぐりですから]、まる一年でやめてもいいでしょう。]とおたずねしました。先生が「[親が死んでから三年たたないのに]の米をあの錦を着るということが、お前にとって何ともないのか。」といわれると、「何ともありませんと。」とこたえた。
by mteisi | 2017-06-18 08:16 | 孔子