2017年 06月 25日 ( 4 )
朝歌6月25日
c0169176_7441688.jpg

am5:19

c0169176_7442315.jpg

またからすかおみせきたるしらがすみ

c0169176_744295.jpg

復烏見参白霞有空
by mteisi | 2017-06-25 07:46 | 朝歌
えい
c0169176_740187.jpg

エイ にわび・ひあかり
象形
たいまつを交叉させた形。
字書にない字であるが、
金文にみえ、
榮の初文。
庭燎(にわび)の象形。
by mteisi | 2017-06-25 07:43 | 語源で遊ぶ
萬葉集710
c0169176_7384526.jpg

住吉尒 徃云道尒 昨日見之 戀忘貝 事二四有家里
住吉に 行くといふ道に きのふ見し 戀忘貝 事二四有家里
墨??之 岸尒家欲得 奥尒邊尒 縁白浪 見乍將思
住吉の 岸に家もが 沖に邊に 寄する白浪 見つゝしのはむ

澤瀉久孝著「万葉集注釈」7より
by mteisi | 2017-06-25 07:39 | 萬葉集
孔子319
c0169176_7374911.jpg


柳下惠爲士師、黜、人曰、子未可以去乎、曰、直道而事人、焉往而不三黜、枉道而事人、何必去父母之邦、
柳下惠、士師と為り、三たび黜けられる。人の曰わく、子未だ以て去るべからざるか。曰わく、道を直くして人に事うれば、焉くに往くとして三たび黜けられざらん。道を枉げて人に事うれば、何ぞ必ずしも父母の邦を去らん。
柳下惠は士師(罪人を扱う官)になったが、三度も退けられた。ある人が[あなたそれでもなお他国へ行けないのですか。」というと、答えた、「まっ直ぐに道を通して人に使えようとしたら、どこへ行っても三度は退けられます。[退けられまいとして]道をまげて人に使えるくらいなら、何も父母の国を去る必要もないでしょう。」
by mteisi | 2017-06-25 07:38 | 孔子