2017年 06月 27日 ( 4 )
朝歌6月27日
c0169176_827495.jpg

am6:16

c0169176_827564.jpg

あさのともけさもちりきてしろがすみ

c0169176_828056.jpg

朝友来鳥満天白霞
by mteisi | 2017-06-27 08:29 | 朝歌
c0169176_8233224.jpg

ツイ・タイ おう・およぶ・したがう
??と辵からなる。
??は行軍のとき、軍社に祭った祭肉・脤肉の形で、
軍の行動するときは常にこの脤肉を奉じて行動するのである。
by mteisi | 2017-06-27 08:27 | 語源で遊ぶ
萬葉集712
c0169176_8132471.jpg

住??之 名兒之濵邊尒 馬立而 玉拾之久 常不所忘
住吉の 名兒の濵邊に 馬立てて 玉拾ひしく 常忘らえず
雨者零 借廬者作 何暇尒 吾兒之塩干尒 玉者將拾
雨は零る 假廬は作る いつのまに 吾兒の潮干に 玉な拾はむ

澤瀉久孝著「万葉集注釈」7より
by mteisi | 2017-06-27 08:23 | 萬葉集
孔子322
c0169176_7544666.jpg


楚狂接輿歌而孔子、曰、鳳兮鳳兮、何徳之衰也、往者不可諫也、来者猶可追也、已而已而、今之從政者殆而、孔子下欲與之言、趨而辟之、不得與之言、
楚の狂接輿、歌いて孔子を過ぐ、曰わく、鳳よ鳳よ、何ぞ徳の衰えたる。往く者は諫むべからず、来たる者は猶お追うべし。已みなん已みなん。今の政に従う者は殆うし。孔子下りてこれと言わんと欲す。趨りてこれを辟く。これを言うこと得ず。
楚のもの狂いの接輿が歌いながら孔子のそばを通り過ぎた、「鳳よ鳳よ、何と徳の衰えたことよ。過ぎたことは諫めてもむだだが、これからのことはまだまにあう。やめなさい。やめなさい。今の世に与かるとは危ういことだ。」孔子は[車を]降りて彼と話をしようとされたが、小走りして避けたので、話すことができなかった。
by mteisi | 2017-06-27 08:12 | 孔子