2017年 07月 05日 ( 4 )
朝歌7月5日
c0169176_83325.jpg

am5:19

c0169176_833928.jpg

くもいろはゆうげんせかいにふかまりて

c0169176_834595.jpg

雲色玄妙幽玄世界
by mteisi | 2017-07-05 08:05 | 朝歌
c0169176_815223.jpg

ト うさぎ
象形
うっさぎの形。
by mteisi | 2017-07-05 08:02 | 語源で遊ぶ
萬葉集720
c0169176_752017.jpg

近江之海 湖者八十 何尒加 公之舟泊 草結兼
近江の海 湊は八十ち いすくにか 君が舟泊て 草結びけむ
佐左浪乃 連庫山尒 雲居者 雨曾零智否 反來吾背
ささなみの 連庫山に 雲居すれば 雨ぞ零るちふ 歸り來吾が背

澤瀉久孝著「万葉集注釈」7より
by mteisi | 2017-07-05 08:01 | 萬葉集
孔子330
c0169176_735538.jpg

八之二
降志辱身矣、言中倫、行中慮、其志而已矣、謂虞仲夷逸、隱居放言、身中清、廢中權、我則異於是、無可無不可、
志を降ろし身を辱しむ、言 倫に中り、行 慮に中る、其れ斯れのみ。虞仲・夷逸を謂わく。隠居して放言し、身 清に中り、廢 権に中る。我れは則ち是れに異なり、可も無く不可も無し。
「志望をひきさげ、身も汚したが、ことばは道理にかない、行いは思慮にかなっていた。まあそんな所だろうな。」虞仲と夷逸のことを批評されて、「隠れ住んで言いたいことを言っていたが、身の持ちかたは潔白にかない、世の捨てかたも程よさにかなっていた。わたくしはそれとは違う、進もうと決めなければ退こうともしない。[ただ道義に従って進退自在だ。] 」
by mteisi | 2017-07-05 07:51 | 孔子