2017年 07月 12日 ( 4 )
朝歌7月12日
c0169176_8161577.jpg

am6:00

c0169176_8162129.jpg

あわしそらうすあおふかみしろくもの

c0169176_816264.jpg

淡青深空浮游白雲
by mteisi | 2017-07-12 08:18 | 朝歌
c0169176_8113227.jpg

コ よぶ・さけぶ
形声
声符は乎。
乎が呼の初文。
乎は鳴子板の形。
板上に遊舌を結び、
柄で振って鳴らす。
もと神をよぶのに用いた。
by mteisi | 2017-07-12 08:15 | 語源で遊ぶ
萬葉集727
c0169176_824327.jpg

好去而 亦還見六 大夫乃 手二巻持在 鞆之浦廻乎
まさきくて またかへりみむ ますらおの 手にまき持てる 
鳥自物 海二浮居而 奥浪 驂乎聞者 數悲哭
鳥じもの 海に浮きゐて 沖つ浪 さわくを聞けば あまた悲しも

澤瀉久孝著「万葉集注釈」7より
by mteisi | 2017-07-12 08:10 | 萬葉集
孔子337
c0169176_7435521.jpg

三之二
君子尊賢而容衆、嘉善而矜不能、我之大賢與、於人何所不容、我之不賢與、人將距我、如之何其距仁也、
君子、賢を尊べて衆を容れ、善を嘉して不能を矜む。我れの大賢ならんか、人に於いて何の容れざる所あらん。我れの不賢ならんか、人将た我れを距がん。これを如何ぞ其れ人を距がんや。
君子はすぐれた人を尊びながら一般の人々をも包容し、善い人をほめながらだめな人にも同情する。こちらがとてもすぐれているのなら、どんな人にたいしてもみんな包容できようし、こちらが劣っているのなら、向こうがことらをことわるだろう。どうしてまた人をことわることがあろうか。」
by mteisi | 2017-07-12 08:02 | 孔子