2017年 07月 15日 ( 4 )
朝歌7月15日
c0169176_7372811.jpg

am5:15

c0169176_7373580.jpg

くももえてあおさいやましつきしろし

c0169176_7373884.jpg

炎雲溢靑月白端然
by mteisi | 2017-07-15 07:40 | 朝歌
c0169176_7285639.jpg

ショク・ジキ・シ たべもの・くらし・やしなう
象形
??に蓋をした形。
??は盛食の器。
金文に??に作り、
文献には簋の字を用いる。
食とは??に盛った食事をいう。
by mteisi | 2017-07-15 07:36 | 語源で遊ぶ
萬葉集730
c0169176_7263381.jpg

大海尒 荒莫吹 四長鳥 居名之湖尒 舟泊左右手
大海に 嵐な吹きそ しなが鳥 豬名の湊に 舟泊つるまで
舟盡 可志振立而 廬利爲 名子江乃濵邊 過不勝鳧
舟泊てて 戕■(爿可)振り立てて 廬せむ 名子江の濵邊
過ぎかてぬかも

澤瀉久孝著「万葉集注釈」7より
by mteisi | 2017-07-15 07:28 | 萬葉集
孔子340
c0169176_725236.jpg


子夏曰、小人之過也必文、
子夏が曰わく、小人の過つや、必らず文る。
子夏がいった、「小人があやまちをすると、きっとつくり飾[ってごまかそうとす]る。」


子夏曰、君子有三變、望之儼然、卽之也溫、聽其言也厲、
子夏が曰わく、君子に三変あり。これを望めば儼然たり、これに即けば溫なり、其の言を聴けば厲し。
子夏いった、「君子のは三種の変化がある。離れて見るとおごそかで、そばによるとおだやかで、そのことばを聞くときびしい。」
by mteisi | 2017-07-15 07:25 | 孔子