2017年 07月 17日 ( 4 )
朝歌7月17日
c0169176_6585252.jpg

am5:32

c0169176_6585964.jpg

ぼんやりとくものうかびてゆるゆると

c0169176_659325.jpg

凡槍浮雲豊流游瑠
by mteisi | 2017-07-17 07:00 | 朝歌
c0169176_6575812.jpg

エン・ヨウ・オウ・オン たる・あく・いとう・あさえる
会意
厂と猒からなる。
猒は厭の初文。
肙の上部は肩の骨臼の部分、
下部は肉の形であるから、
肙は肩肉の形。
猒は犬の肩肉を犠牲にして、
天神を祀り、
神意がそれに満足することを猒という。
厂は猒を用いる崖の下などの聖所であり、
そこで犠牲を供えて祀り、
祈って禍害を圧服する意である。
by mteisi | 2017-07-17 06:58 | 語源で遊ぶ
萬葉集732
c0169176_656738.jpg

勢能山尒 直向 妹之山 事聽屋毛 打橋渡
背の山に 直に向かへる 妹の山 言聽せやも 打橋渡す
人在者 母之最愛子曾 麻毛?? 木川邊之 妹与背之山
人ならば 母の最愛子ぞ あさ裳よし 紀の川の邊の 妹と背の山

澤瀉久孝著「万葉集注釈」7より
by mteisi | 2017-07-17 06:56 | 萬葉集
孔子342
c0169176_655038.jpg

十二之一
子游曰、子夏之門人小子、當掃應對進退則可矣、抑末也、本之則無、如之何、子夏聞之曰、噫、言遊過矣、
子游が曰わく、子夏の門人小子、洒掃応対進退に当たりて則ち可なり。抑々末なり。これを本づくれば則ち無し。これを如何。子夏これを聞きて曰わく、噫、言遊過てり。
子游がいった、「子夏の門下の若ものたちは掃除や客の受け答えや動作については結構だが、つまり末のことだ。根本といえば何もない。どんなものだろう。」子夏はそれを聞くといった、「ああ、言游(子游)はまちがっている。
by mteisi | 2017-07-17 06:55 | 孔子