2017年 08月 04日 ( 3 )
朝歌8月4日
c0169176_835767.jpg

am6:20

c0169176_843100.jpg

あけどきのべにさしぞらにからすみゆ

c0169176_84818.jpg

明空紅差烏雲於見
by mteisi | 2017-08-04 08:06 | 朝歌
萬葉集750
c0169176_7581896.jpg

礒立 奥邊乎見者 海藻苅舟 海人榜出良之 鴨翔所見
礒に立ち 沖邊を見れば め刈り舟 海人こで出づらし 鴨翔る見ゆ
千磐破 金之三埼乎 過鞆 吾者不忘 牡鹿之湏賣神
ちはやぶる 金の岬を 過ぎぬとも 吾は忘れじ 志賀の皇神

澤瀉久孝著「万葉集注釈」7より
by mteisi | 2017-08-04 08:03 | 萬葉集
孔子370
c0169176_740829.jpg

四之三
欲仁而得仁、又焉貪、君子無衆寡、無小人、無敢慢、斯不亦泰而不驕乎、君子正其衣冠、尊其瞻視、儼然、人望而畏之、斯不亦威而不猛乎、
仁を欲して仁を得たり、又た焉をか貪らん。君子は衆寡と無く、敢えて慢ること無し、斯れ亦た泰にして驕らざるにあらずや。君子は其の衣冠を正しくし、其の瞻視を尊くして、儼然たり、人望みてこれを畏る、斯れ亦た威にして猛からざるにあらずや。
仁を求めて仁を得るのだから、一体何を貪ることがあろう。上に立者が[相手が]大勢か小勢か小官か大官かにかかわりなく決して侮らない、これこそゆったりしていても高ぶらないことではなかろうか。上に立つ者その服や冠を整え、その目のつけかたを重々しくして、いかにもおごそかにしていると、人々はうちながめて
恐れ入る、これこそ威厳があっても烈しくないことではなかろうか。」
by mteisi | 2017-08-04 07:57 | 孔子