2017年 10月 02日 ( 4 )
朝歌10月2日
c0169176_7461432.jpg

am6:14

c0169176_7461139.jpg

ねずくものかさなりふかくあやなして

c0169176_746876.jpg

鼠雲深重妙意彩色
by mteisi | 2017-10-02 07:48 | 朝歌
c0169176_7394371.jpg

コウ あう
形声
声符は冓。
冓は婚媾(結婚)のように、
両者の結合を象徴する
飾り紐をつなぎ会わせた形である。
by mteisi | 2017-10-02 07:44 | 語源で遊ぶ
萬葉集808
c0169176_7321144.jpg

三嶋江乃 玉江之薦乎 從標之 己我跡曾念 雖未苅
三嶋江の 玉江の薦を 標めしより おのがとぞ思ふ いまだ刈らねど
如是爲而也 尚哉將老 三雪零 大荒木野之 小竹不有九二
かくしてや はほや老いなむ み雪ふる 大荒木野の 篠にあらなくに

澤瀉久孝著「万葉集注釈」7より
by mteisi | 2017-10-02 07:38 | 萬葉集
詩経57
c0169176_7215875.jpg

式微
式微式微 胡不歸  式(も)って微なり 式って微なり 胡(なん)ぞ歸らざるや
微君之故 胡爲乎中露  君の故に微ずんば 胡ぞ中露に爲さんや
衰えたことよ 衰えたことよ なんで早くお帰りにならぬ
殿の御身のためでなければ 誰がこんは露の間に濡れて居られようぞ

式微式微 胡不歸  式(も)って微なり 式って微なり 胡(なん)ぞ歸らざるや
微君之躬 胡爲乎泥中  君の故に微ずんば 胡ぞ泥中に爲さんや
衰えたことよ 衰えたことよ なんで早くお帰りにならぬ
殿の御身のためでなければ 誰がこんは泥の中の苦をしておられようぞ
by mteisi | 2017-10-02 07:30 | 詩経