2017年 10月 03日 ( 4 )
朝歌10月3日
c0169176_733352.jpg

am6:12

c0169176_7331044.jpg

ねずいろのたれこめてははいのそら

c0169176_7331187.jpg

鼠色垂延満充灰空
by mteisi | 2017-10-03 07:35 | 朝歌
c0169176_7284526.jpg

バク むぎ
会意
旧字は麥に作り、
來と夊からなる。
来は麦の形。
夊は後ろ向きの足跡の形で、
麦踏みをする意であろう。
by mteisi | 2017-10-03 07:32 | 語源で遊ぶ
萬葉集809
c0169176_7271229.jpg

淡海之哉 八橋乃小竹乎 不造笶而 信有得哉 戀敷■(鬼の頭が田)呼
近江のや 八橋の篠を 矢はがずて まことあり得めや 戀しきものを
月草尒 衣者將揩 朝露尒 所沾而後者 徙去友
月草に 衣は摺らむ 朝露に ぬれての後は うつろひぬとも 

澤瀉久孝著「万葉集注釈」7より
by mteisi | 2017-10-03 07:28 | 萬葉集
詩経58
c0169176_7255759.jpg

旄丘
旄丘之葛兮 何誕之節兮  旄丘の葛 何ぞ誕なるの節あるや
叔兮伯兮 何多日也  叔や伯や 何ぞ多日なるや
旄丘の葛からの 節の間の延びたことよ
御歴々のみなさん方 なんと月日もたってしまっているのに

何其處也 必有與也  何ぞ其れ處れるや 必ず與有らん
何其久也 必有以也  何ぞ其れ久しきや 必ず以有らん
なんでいつまでもぐずぐずしておられるのか きっと仲間の来るのを待っているのであろう
なんで久しい間来ないのか きっと何かのわけがあろう
by mteisi | 2017-10-03 07:26 | 詩経