2017年 10月 04日 ( 4 )
朝歌10月4日
c0169176_7391630.jpg

am6:00

c0169176_7392253.jpg

よこしまのなみのよするかそらなかに

c0169176_7392588.jpg

横筋如波鼠文中空
by mteisi | 2017-10-04 07:41 | 朝歌
c0169176_7372537.jpg

ジュウ みちる・あてる・こえる
象形
肥満した人の形。
by mteisi | 2017-10-04 07:38 | 語源で遊ぶ
萬葉集810
c0169176_7363860.jpg

吾情 湯谷絶谷 浮蓴 邊毛奥毛 依勝益士
吾が心 ゆたにゆたに 浮蓴 邊にも沖にも 寄りかつましじ
寄稻 
石上 振之早田乎 雖不秀 縄谷延而 守乍將居
石上 布留の早田を 秀でずとも 縄だに延へて 守りつつ居らむ

澤瀉久孝著「万葉集注釈」7より
by mteisi | 2017-10-04 07:37 | 萬葉集
詩経59
c0169176_7335743.jpg

何其處也 必有與也  何ぞ其れ處れるや 必ず與有らん
何其久也 必有以也  何ぞ其れ久しきや 必ず以有らん
なんでいつまでもぐずぐずしておられるのか きっと仲間の来るのを待っているのであろう
なんで久しい間来ないのか きっと何かのわけがあろう

孤裘蒙戎 匪車不東  孤裘蒙戎たり 車の東せざるに匪ず
叔兮伯兮 靡所與同  叔や伯や 與に同じうする所靡(な)し
狐の裘もみだれ破れた 援軍の車は東に来ないではないが
お歴々の方方は われと事を同じくしてくれない

瑣兮尾兮 流離之子  瑣たり尾たり 流離の子
叔兮伯兮 ■(襃の呆が禾・いう)如充耳  叔や伯や いう如たる充耳
みじめに落ちぶれたことよ さすらいの子 
御歴々のみなさんは美しい耳かざりを飾っているが
by mteisi | 2017-10-04 07:36 | 詩経