2017年 10月 08日 ( 4 )
朝歌10月8日
c0169176_7463044.jpg

am6:24

c0169176_7462619.jpg

くもなかにまじりじてしろしまろきつき

c0169176_7461769.jpg

雲中円月微白幽明
by mteisi | 2017-10-08 07:48 | 朝歌
c0169176_7412133.jpg

ボウ おおう・かぶる・おかす
会意
旧字は冃と目からなり、
冃は頭衣。
冒は深く頭衣を被り、
目だけ出している形。
by mteisi | 2017-10-08 07:45 | 語源で遊ぶ
萬葉集814
c0169176_7401266.jpg

寄花
氣緒尒 念有吾乎 山治左能 花尒香公之 移奴良武
氣の緒に 思へる吾を 山ぢさの 花にか君が 移ろひぬらむ
墨??之 淺澤小野之 垣津幡 衣尒揩著 將衣日不知毛
住吉の 淺澤小野の 杜若 衣に摺りつけ 着む日知らずも

澤瀉久孝著「万葉集注釈」7より
by mteisi | 2017-10-08 07:40 | 萬葉集
詩経63
c0169176_7254258.jpg

出宿于■(セイ) 飮餞于禰  出でてセイに宿し 禰の飮餞す
女子有行 遠父母兄弟  女子 行有り 父母兄弟に遠ざかる
問我諸姑 遂及伯■(シ)  我が諸姑を問ひ 遂に伯姉に及ばん
里を出て嫁ぐとき セイ(沛)の町に宿り 禰の町で別れの酒を酌んだ
女子は嫁ぐのが定めなので 父母兄弟から離れて来たが
父母の亡くなった今 せめて叔母さん方を訪ねたい 姉上までも訪ねたい
by mteisi | 2017-10-08 07:39 | 詩経