2017年 10月 31日 ( 4 )
朝歌10月31日
c0169176_07253470.jpg
am6:43

c0169176_07261033.jpg
あさぞらのあおさうすくしくもやわぎ

c0169176_07265333.jpg
旦雲和音靑白之空

by mteisi | 2017-10-31 07:27 | 朝歌
c0169176_07241189.jpg

ガク やま・たけ

象形

卜文には山上に羊頭の形を加えており、

嶽の初文。


by mteisi | 2017-10-31 07:24 | 語源で遊ぶ
萬葉集837
c0169176_07231496.jpg

駿河釆女歌一首

沫雪香 薄太礼尒零登 見左右二 流倍散波 何物之花其毛

沫雪か はだれに零ると 見るまでに 流らへ散るは 何の花ぞも

尾張連歌二首

春山之 開乃乎爲里尒 春菜採 妹之白紉 見九四與四門

春山の 咲きのをゐりに 春菜摘む 妹が白紐 見らくしよしも


澤瀉久孝著「万葉集注釈」8より


by mteisi | 2017-10-31 07:23 | 萬葉集
詩経86
c0169176_07220925.jpg

定之方中 

 

定之方中 作于楚宮  定の方に中するとき 楚宮を作る

揆之以日 作于楚室  之を揆るに日を以てし 楚室を作る

樹之榛栗 椅桐梓漆  之に樹うるは榛栗 椅・桐・梓・漆

爰伐琴瑟       爰に伐りて琴瑟とせん

定星がちょうど真南になるとき 楚宮の宮居を作る

日影をはかって 宮居を作る

庭に植えるのは榛、栗、椅、桐、梓、漆

やがては伐って琴瑟につくられよう


by mteisi | 2017-10-31 07:22 | 詩経