2017年 11月 13日 ( 4 )
朝歌11月13日
c0169176_07463392.jpg
am7:08

c0169176_07465921.jpg
やさしさのかたちはこんなものかもか

c0169176_07474178.jpg
天空明靑雲影微姿

by mteisi | 2017-11-13 07:52 | 朝歌
c0169176_07445628.jpg

カク・バク・バ むじな

形声

声符は各。

北方外夷の種族名。

獸名としてはむじな。


by mteisi | 2017-11-13 07:45 | 語源で遊ぶ
萬葉集850
c0169176_07433682.jpg

高田女王歌一首 高安之女也

山振之 咲有野邊乃 都保湏美礼 此春之雨尒 盛奈里𨿸利

山吹の 咲きたる野邊の 壺菫 此の春の雨に 盛なりけり

大伴坂上郎女月歌一首

風交 雪者雖零 實尒不成 吾宅之梅乎 花尒令落莫

風交じり 雪は零るとも 實に成らぬ 吾家の梅の はなに散らすな 


澤瀉久孝著「万葉集注釈」8より


by mteisi | 2017-11-13 07:44
詩経99
c0169176_07422421.jpg

瞻彼淇奥 綠竹青青  彼の淇奥を瞻れば 綠竹青青たり

有匪君之       匪たる君子有り

充耳琇瑩 會弁如星  充耳は琇瑩 會弁星如し

瑟兮僩兮 赫兮咺兮  瑟たり僩たり 赫たり咺たり

有匪君之 終不可諼兮 匪たる君子あり 終に諼る可らず

あの淇水の隈をながむれば 緑の竹が青青と茂る

あざやかにも美わしい君子は 耳玉は宝石 輝く冠の星

おごそかにして心寛く 輝きて明るく顕れる

あのあざやかにも美わしい君子は 長く忘れられぬりっぱな方


by mteisi | 2017-11-13 07:43 | 詩経