2017年 11月 26日 ( 4 )
朝歌11月26日
c0169176_07240491.jpg
am6:57

c0169176_07242948.jpg
ねずいろのかそけくみせさびのそら

c0169176_07253200.jpg
鼠微雲妙空也寂寞

by mteisi | 2017-11-26 07:26 | 朝歌
c0169176_07225559.jpg

マン・バン さそり・よろず

象形

旧字は萬に作り、

虫の形。


by mteisi | 2017-11-26 07:23 | 語源で遊ぶ
萬葉集862
c0169176_07211308.jpg

小治田廣瀬王霍公鳥歌一首

霍公鳥 音聞小野乃 秋風尒 茅子會礼也 聲之乏寸

霍公鳥 聲聞く小野の 秋風に 萩咲きぬれや 聲の乏しき

沙弥霍公鳥歌一首

足引之 山霍公鳥 汝鳴者 家有妹 常所思

あしひきの 山霍公鳥 汝が鳴けば 家なる妹し 常にしのはゆ


澤瀉久孝著「万葉集注釈」8より


by mteisi | 2017-11-26 07:21 | 萬葉集
詩経112
c0169176_07200874.jpg

竹竿

籊籊竹竿 以釣于淇  籊籊たる竹竿 以て淇に釣る

豈不似思 遠莫致之  豈爾を思はざらんや 遠くして之を致す莫し

泉源在左 淇水在右  泉源左に在り 淇水右に在り

女子有行 遠兄弟父母 女子行有り 兄弟父母に遠ざかる

細長い竹竿で 淇水で魚を釣っていた

そなたたちに会いたくて 懐かしく思うが 今は遠く離れてそれもかなわぬ

泉源の川は北に 淇水の川は南に

女子の道は 嫁いで親里を離れるもの


by mteisi | 2017-11-26 07:20 | 詩経