2017年 11月 30日 ( 4 )
朝歌11月30
c0169176_08065994.jpg
am7:18

c0169176_08072011.jpg
しらねずのかすみのそらのあたたかし

c0169176_08080048.jpg
白鼠雲天陽気靄々

by mteisi | 2017-11-30 08:08 | 朝歌
c0169176_07584670.jpg
カツ・アツ もとめる・なんぞ
会意
曰と■(勹亡・カイ)からなる。
[説文]に「何ぞ」と訓する。
曰は祝詞を収めた器。
カイは死者の骨の交わる形。
死者の骨に祈り、
その呪霊を用いて所願の成就することを
祈り求める呪儀をいう。
喝はその祈る時の発声をいう。

by mteisi | 2017-11-30 08:06 | 語源で遊ぶ
萬葉集867
c0169176_07503239.jpg

小治田朝臣廣耳歌一首

獨居而 物念夕尒 霍公鳥 従此間鳴渡 心四有良思

ひとり居て 物思ふ宵に 霍公鳥 こゆ鳴き渡る 心あるらし

大伴家持霍公鳥歌一首

宇能花毛 未開者 霍公鳥 佐保乃山邊 來鳴令響

卯の花も 未だ咲かねば 霍公鳥 佐保の山邊に 來鳴きとよもす


澤瀉久孝著「万葉集注釈」8より


by mteisi | 2017-11-30 07:57 | 萬葉集
詩経116
c0169176_07484087.jpg

伯兮

伯兮朅兮 邦之傑兮  伯や朅なり 邦の傑なり

伯也執殳 爲王前驅  伯や殳を執り 王の爲に前驅す

自伯之東 首如飛蓬  伯の東して自り 首飛蓬の如し

豈無膏沐 誰適爲容  豈に膏沐無からんや 誰をか適として容を爲さん

わが夫は武勇のすぐれた方 一国中でも英材 

夫は出征して殳を執り 君の車の前駆となって居られる

夫が東に出陣してから わたしの頭は蓬の乱れ髪

髪を洗って油もつけられようが 誰に見せようと化粧をしよう


by mteisi | 2017-11-30 07:49 | 詩経