2017年 12月 13日 ( 4 )
朝歌12月13日
c0169176_08181511.jpg
am7:27

c0169176_08185857.jpg
きよければしらくもはえてねずのくも

c0169176_08194580.jpg
清澄天空映白与鼠

by mteisi | 2017-12-13 08:20 | 朝歌
c0169176_08162850.jpg
コン むし
象形
昆虫の形。
比の部分はその足の形。

by mteisi | 2017-12-13 08:17 | 語源で遊ぶ
萬葉集880
c0169176_08050749.jpg

小治田朝臣廣耳歌一首

霍公鳥 鳴峯乃上能 宇乃花之 猒事有哉 君之不來益

霍公鳥 鳴く峯の上の 卯の花の うき事あれや 君が來まさぬ


c0169176_08104541.jpg

大伴郎女歌一首

五月之 花橘乎 爲君 珠尒社貫 零巻惜美

五月の 花橘を 君が爲 珠にこそ貫け 散らまく惜しみ




by mteisi | 2017-12-13 08:16 | 萬葉集
詩経129
c0169176_08040435.jpg

葛藟

緜緜葛藟 在河之滸  緜緜たる葛藟は 河の滸に在り

終遠兄弟 謂他人父  終に兄弟に遠ざかり 他人を父と謂ふ

謂他人父 亦莫我顧  他人を父と謂ふも 亦我を顧みる莫し

緜緜葛藟 在河之涘  緜緜たる葛藟は 河の涘に在り

終遠兄弟 謂他人母  終に兄弟に遠ざかり 他人を母と謂ふ

謂他人母 亦莫我有  他人を母と謂ふも 亦我を有りとすること莫し

緜緜葛藟 在河之溽  緜緜たる葛藟は 河の溽に在り

終遠兄弟 謂他人昆  終に兄弟に遠ざかり 他人を昆と謂ふ

謂他人昆 亦莫我聞  他人を昆と謂ふも 亦我に聞く莫し

つながり延びる葛かづらは 河の岸辺に茂るのに

兄弟からも遠く離れてしまって 他人を父と呼ぶ身の上

他人を父と呼んで身を寄せても わたしを親しんで見てはくれない

つながり延びる葛かづらは 河の岸辺に茂るのに

兄弟からも遠く離れてしまって 他人を母と呼ぶ身の上

他人を母と呼んで身を寄せても わたしを覚えていてはくれない

つながり延びる葛かづらは 河の岸辺に茂るのに

兄弟からも遠く離れてしまって 他人を兄と呼ぶ身の上

他人を兄と呼んで身を寄せても わたしのことは聞いてもくれない


by mteisi | 2017-12-13 08:04 | 詩経