2017年 12月 16日 ( 4 )
朝歌12月16日
c0169176_08051467.jpg
am7:20

c0169176_08052522.jpg
あおねずにひろがるそらのながめかな

c0169176_08052860.jpg
青鼠広漠而只眺哉

by mteisi | 2017-12-16 08:07 | 朝歌
c0169176_08040834.jpg

ショク こくもつぐら・おしむ

会意

來(来)と■(稟の上部リン)からなる。

來は麦の形。

リンはそれを収穫する穀物ぐらの形。


by mteisi | 2017-12-16 08:04 | 語源で遊ぶ
萬葉集883
c0169176_07513840.jpg

大伴家持攀橘花贈坂上大嬢歌一首

伊加登伊可等 有吾屋前尒 百枝刺 於布流橘 玉尒貫 五月乎近美 安要奴我尒 花咲尒家里 朝尒食尒 出見毎 氣緒尒 吾念妹尒 銅鏡 清月夜尒 直一眼 令覩麻而尒波 落許須奈 由米登云管 幾許 吾守物乎 宇礼多伎也 志許霍公鳥 曉之 裏悲尒 雖追雖追 尚來鳴而 徒 地尒令散者 爲便乎奈美 攀而手折都 見末世吾妹兒 


c0169176_07514291.jpg

いかといかと ある吾がやどに 百枝さし 生ふる橘 玉に貫く 五月を近み あえぬがに 花咲きにけり 朝に日に 出で見る毎に 氣の緒に 吾が思ふ妹に まそ鏡 清き月夜に ただ一目 見する迄には 散りこすな ゆめと云ひつつ ここだくも 吾が守るものを うれたきや しこ霍公鳥 曉の うら悲しきに 道へど道へど なほし來鳴きて いたづらに 地に散らせば すべを無み 攀じて手折りつ 見ませ吾妹子 


by mteisi | 2017-12-16 08:03 | 萬葉集
詩経132
c0169176_07494664.jpg

丘中有麻

丘中有麻 彼留子嗟   丘中に麻有り 彼の留子嗟

彼留子嗟 將其來施施  彼の留子嗟 將ふ 其れ來りて施施たれ

丘中有麥 彼留子國   丘中に麦有り 彼の留子嗟

彼留子國 將其來食   彼の留子嗟 將ふ 其れ來り食せよ

丘中有李 彼留之子   丘中に李有り 彼の留の子

彼留子子 胎我佩久   彼の留の子 我に佩久を胎れ

丘の中には麻がしげる それはあの留子嗟さまのおかげ

あの留子嗟さまよ どうかまたゆっくりとお出であれ

丘の中には麦がしげる それはあの留子國さまのおかげ

あの留子國さまよ どうかまたこちらに来て食がれ

丘の中には李が実る それはあの留さまのおかげ

あの留子さまよ わたしに佩玉を賜われ


by mteisi | 2017-12-16 07:50 | 詩経