2018年 01月 11日 ( 4 )
朝歌1月11日
c0169176_08424864.jpg
am7:33

c0169176_08425219.jpg
こゆきちりかわらにうすくしろをしく

c0169176_08425546.jpg
小雪散揺瓦上白紗

by mteisi | 2018-01-11 08:44 | 朝歌
c0169176_08390358.jpg
カン おおきい・さかん
会意
免と廾からなる。
上部は分娩するときの形である免の上体。
廾は左右の手で、
分娩の時子をとりあげことをいう。

by mteisi | 2018-01-11 08:42
萬葉集908
c0169176_08274515.jpg

安貴王歌一首

秋立而 幾日毛不有者 此宿流 朝開之風者 手本寒母

秋立ちて 幾日もあらねば この寝ぬる 朝明の風は 手本寒しも


c0169176_08274845.jpg

忌部首黑麻呂歌一首

秋田茢 借廬毛未 壊者 鴈鳴寒四 霜手置奴我二

秋田刈る 借廬もいまだ 懷たねば 雁がね寒し 霜も置きぬがに



by mteisi | 2018-01-11 08:38 | 萬葉集
詩経157
c0169176_08060016.jpg

溱洧

溱與洧 方渙渙兮   溱と洧と 方に渙渙たち

士與女 方秉蕑兮   士と女と 方に蕑を秉る

女曰觀乎 士曰既且  女曰わく觀んか 士曰わく既に

且往觀乎       且つ往き觀んか

洧之外 洵訐且樂   洧の外 洵に訐にして且つ樂しと

維士與女 伊其相謔  維れ士と女と 伊れ其れ相謔し

贈之以芍薬      之に贈るに芍薬を以てす

溱水と洧水に あたかも遙になって水があふれる

男と女が 藤袴を取りに行くにぎわい

女「見にいきましょうよ」男「もう見てきたよ」

女「それでもまあ行って見ましょうよ

洧水の外の処は ほんとに広くて楽しいことよ」

そこで男と女は ふざけ戯れあって

別れて贈る芍薬の華


by mteisi | 2018-01-11 08:26 | 詩経