2018年 01月 13日 ( 4 )
朝歌1月13日
c0169176_08122274.jpg
am7:18

c0169176_08125301.jpg
ぎんのかまそのうえぐもはゝいのいろ

c0169176_08132705.jpg
銀山其上灰雲天蓋

by mteisi | 2018-01-13 08:14 | 朝歌
c0169176_08074835.jpg
コウ しぬ・みまかる
会意
夢の省文と死からなる。
無は夢魔で、
湯目の中で人に禍をもたらすもの。
その夢魔によって死に至ることを薨という。

by mteisi | 2018-01-13 08:11 | 語源で遊ぶ
萬葉集910
c0169176_08013980.jpg

秋芽子者 盛過乎 徒尒 頭刺尒不插 還去跡哉

秋萩は 盛すぐるを いたづらに かざしにささず 歸りなむとや

 右二首沙弥尼等


c0169176_08055219.jpg

大伴坂上郎女跡見田庄作歌二首

妹目乎 始見之埼乃 秋芽子者 此月其呂波 落許湏莫湯目

妹が目を 始見の埼の 秋萩は 此の月ごろは 散りこすなゆめ



by mteisi | 2018-01-13 08:06 | 萬葉集
詩経159
c0169176_07593256.jpg

齊風

鶏鳴

鷄既鳴矣 朝既盈矣  鷄既に鳴きぬ 朝既に盈たむ

匪鷄則鳴 蒼蠅之聲  鷄則ち鳴くに匪ず 蒼蠅の聲

鷄の鳴く声 もう夜が明けたろう 

鶏が鳴いて朝になったのではなく 蠅のぶんぶん飛ぶ音


東方明矣 朝既昌矣   東方明けぬ 朝既に昌ならむ

匪東方則明 月出之光  東方則ち明くるに匪ず 月光の光

東の空が明るくなって すっかり朝になったであろう

それは夜が明野ではなく 有明月の光であった


蟲飛薨薨 甘與子同夢  蟲飛びて薨薨たり 子と夢を同じうせんことを

會且歸夷 無庶予子憎  會且に歸らんとす 予が子を憎むに庶き無からんや

虫は羽音をたてて飛び交う あなたとの同寝の夢は楽しいが

会朝の人も引きあげるかも知れない あなたの遅参をわたしのせいとされるのが心配で


by mteisi | 2018-01-13 08:00 | 詩経