2018年 02月 04日 ( 4 )
朝歌2月4日
c0169176_07264884.jpg
am5:23

c0169176_07265006.jpg
おともなくふるゆきしんとしろきにわ

c0169176_07265307.jpg
落花無音庭樹白雪

by mteisi | 2018-02-04 07:29 | 朝歌
c0169176_07255381.jpg
キョウ・コウ おしえる
会意
旧字は敎に作り、
爻と子と攴からなる。
爻は屋上に千木のある建物の象形。
古代のメンバーズハウスとして、
神聖な形式を持つ建物で、
ここに一定年齢の子弟を集めて、
秘密結社的な生活と教育を行った。
指導者は氏族の長老たちで、
氏族の伝統や生活の規範をおしえる。
攴は長老たちの教権を示す。

by mteisi | 2018-02-04 07:26 | 語源で遊ぶ
萬葉集931
c0169176_07243971.jpg
頃者之 朝開尒聞者 足日木扻菎 山呼冷響 狹尾牡鹿鳴哭
此の頃の 朝明に開けば あしびきの 山よびとよめ さを牡鹿鳴くも
 右二首天平十五癸未秋八月十六日作

c0169176_07244231.jpg
大原眞人今城傷惜寧樂故鄕歌一首
秋去者 春日山之 黄葉見流 寧樂乃京師乃 荒雲惜毛
秋されば 春日の山の 黄葉見る 寧樂の都の 荒るらく惜しも 




by mteisi | 2018-02-04 07:25 | 萬葉集
詩経181
c0169176_07233758.jpg
碩鼠
碩鼠碩鼠 無食我黍  碩鼠碩鼠 我が黍を食む無かれ
三歳貫女 莫我肯顧  三歳女に貫ふれども 我を肯て顧る莫し
逝將去女 適彼樂土  逝に將に女を去り 彼の楽土に適かんとす
樂土樂土 爰得我所  樂土樂土 爰に我が所を得ん
おおきな鼠よ おおきな鼠よ 此方の黍を食い荒らしてくれるな
三年の間仕えたのに ふり返って見てもくれなかった
そなたたちをのがして 安楽な国に適こう
楽土よ楽土よ そこに落ち着きが得られよう

by mteisi | 2018-02-04 07:23 | 詩経