2018年 02月 13日 ( 4 )
朝歌2月13日
c0169176_08025549.jpg
am7:19

c0169176_08025994.jpg
くもりぞらきょうもちらすかゆきのはな

c0169176_08030472.jpg
今旦曇天雪華再散

by mteisi | 2018-02-13 08:05 | 朝歌
c0169176_08020737.jpg
ギョウ・ゴウ いた・わざ
象形
上部に鑿歯(鋸歯のようなぎざぎざ)、
下部に長い柄のある器の形。

by mteisi | 2018-02-13 08:02 | 語源で遊ぶ
萬葉集940
c0169176_08003590.jpg
巫部麻蘓娘子歌一首
吾屋前之 芽子花咲有 見來益 今二日許 有者將落
吾がやどの 萩の花咲けり 見に来ませ 今二日ばかり あらば散えいなむ
c0169176_08003872.jpg
大伴田村大嬢与妹坂上大嬢歌二首
吾屋戸乃 秋之芽子開 夕影尒 今毛見師香 妹之湏光儀乎
吾がやどの 秋の萩咲く 夕かげに 今も見てしか 妹が光儀を



by mteisi | 2018-02-13 08:01 | 萬葉集
詩経190
c0169176_07594252.jpg
鴇羽
肅肅鴇羽 集于苞栩   肅肅たる鴇羽 苞栩に集まる
王事靡盬 不能蓺稷黍  王事を盬きこと靡し 稷黍を蓺うる能はず
父母何■(忄古たの)   父母何かをたのまん
悠悠蒼天 曷其有所   悠悠たる蒼天 曷か其れ所有らん
はげしく飛ぶ野雁は むらがり茂る栩に止まる
王のいくさきはきびしくて 植えつけの仕事もできなねる
父母には誰を頼りに生きようぞ
ああ はるかなる蒼空よ いつになったら落ちつく日もあろうか

by mteisi | 2018-02-13 08:00 | 詩経