カテゴリ:語源で遊ぶ( 1835 )
c0169176_7392389.jpg

コウ ひろい
形声
旧字は廣で、
黃声。
[説文]に「殿の大屋なり」とあり、
四壁のない建物をいう。
引伸して広大の意にした。
by mteisi | 2017-08-17 07:43 | 語源で遊ぶ
c0169176_743085.jpg

ゴク ひとや・うったえる
言と犾からなる。
言は神に盟誓することば。
二犬の犾は犬牲として供するもので、
これによって神判が行われる。
by mteisi | 2017-08-16 07:43 | 語源で遊ぶ
c0169176_7545888.jpg

セキ あきらか
会意
大と皕からなる。
大は人の正面形。
皕は婦人の両乳の部分をモチーフとして
加えた文身の文様。
高貴な人の没したとき、
胸に朱を文身を施し、
邪霊の憑ることを防ぐ呪禁とすることを、
文という。
文の字形中に百ににた文様を加えるものもあるが、
婦人に施すときには奭・爽といい、
両乳の所に加える。
奭・爽いずれも爽明の義のある字である。
by mteisi | 2017-08-15 07:55 | 語源で遊ぶ
c0169176_7444292.jpg

チン つらねる・のべる・ひさしい
会意
阝と東からなる。
阝は神が陟降する神梯の形。
東は橐の形。
神梯の前に囊に入れたお供えものを列する形。
お供えを陳列の意がある。
by mteisi | 2017-08-14 07:50 | 語源で遊ぶ
c0169176_719335.jpg

リョウ・リュウ とぶ
象形
鳥の両翼と尾羽の形。
by mteisi | 2017-08-13 07:19 | 語源で遊ぶ
c0169176_713736.jpg

タク えらぶ・やぶれる
形声
旧字は擇に作り、
睪(えき)声。
睪に鐸(たく)の声がある。
睪は獣屍が風雨に曝されて、
その形がくずれている形。
その屍体の中から采るべきところを
手で択び取る意から、
選択の意となる。
by mteisi | 2017-08-12 07:13 | 語源で遊ぶ
c0169176_7455019.jpg

シン つかえる・おみ
象形
上方を見ている目の形。
目の大きな瞳を示す字形である。
by mteisi | 2017-08-11 07:47 | 語源で遊ぶ
c0169176_7365048.jpg

シ これ・この
形声
声符は止。
[説文]に「止(とど)まるなり。
止に従い、匕に従ふ。
匕は相比次する(ならべる)なり」
と止・匕に従う会意の字とするが、
匕は牝牡の牝の初文。
細小なるものを意味する。
代名詞の用法は之と同声で、
同声で仮借するものであり、
「相比次する」意はない。
by mteisi | 2017-08-10 07:44 | 語源で遊ぶ
c0169176_8145138.jpg

カン・ケン・コン まく・まがる
会意
旧字は卷に作り、
ベンと廾とハンからなる。
ベンは獸掌、
また獣皮の形。
廾は両手。
獣皮を両手でハンの形に捲きこむ意。
ハンは人が跪坐する形だが、
ここでは捲きこんだ形とみてよい。
by mteisi | 2017-08-09 08:21 | 語源で遊ぶ
c0169176_827158.jpg

ヨウ こし・かなめ・もとめる
象形
女子の腰骨の形。
女子の腰骨は発達が著しいので、
下部を女に作る。
by mteisi | 2017-08-08 08:29 | 語源で遊ぶ