カテゴリ:語源で遊ぶ( 1952 )
c0169176_08154560.jpg
キョウ わるい・まがごと
象形
文身を描いた胸の形。
凵は胸郭の形。
その中央に×形の文様の文身を(入れ墨)を加えた形。
枉死者の屍の胸に、
この文を描くことによって、
その邪霊が災厄をすることを、
止めようとするものだろう。

by mteisi | 2017-12-14 08:21 | 語源で遊ぶ
c0169176_08162850.jpg
コン むし
象形
昆虫の形。
比の部分はその足の形。

by mteisi | 2017-12-13 08:17 | 語源で遊ぶ
c0169176_07565299.jpg

ジ・シ かみ・しめす

象形

神を祭るときの祭卓の形。


by mteisi | 2017-12-12 07:57 | 語源で遊ぶ
c0169176_08075538.jpg
キョウ・ケイ みやこ
象形
アーチ状の門の形。
上に望楼などの小楼を設けてある形。
これを軍営や都城の入り口に建てて京觀という。

by mteisi | 2017-12-11 08:12 | 語源で遊ぶ
c0169176_08140534.jpg
チョウ うらかた・きざし・かず
象形
亀卜の灼けたわれめの線の形。
亀版の中央の千里縫を界として、
その左右対称に灼く卜法によって、
あらわれる卜兆(うらかた)の形。

by mteisi | 2017-12-10 08:19 | 語源で遊ぶ
c0169176_07542574.jpg

オク・ヨク やすらか・おもう・かず

形声

声符は意(おく)。

古語はみな安寧の儀に用いる。

意は神意を臆度し、

神意が暗示される意であるか、

億安が字の本義であろう。

また、

数に用いる。


by mteisi | 2017-12-09 07:54 | 語源で遊ぶ
c0169176_08185652.jpg
ケイ・キ そむく
形声
声符は癸。
癸は物を立てる台座の柎足として、
×に組んだ木の形で。
相そむくものの意がる。

by mteisi | 2017-12-08 08:21 | 語源で遊ぶ
c0169176_07181765.jpg

マン・バン さそり・よろず

象形

旧字は萬に作り、

虫の形。

さそりの訓があり、

さそりの形と思っていたが、

さそりは蠆で、

他に蠍・蝲・蝎などがある。

萬をさそりの名で用いた例はなないという。

卜文・金文にはすでに数字の万に用いる例があり、

軍旅の数をいうのに用いた。


by mteisi | 2017-12-07 07:18 | 語源で遊ぶ
c0169176_07251656.jpg

セン せん・ち

形声

声符は人。

人の下部に肥点を加えて、

人と区別する。

人の下部に二横画を加えて二千、

三横画を加えて三千。


by mteisi | 2017-12-06 07:25 | 語源で遊ぶ
c0169176_07200025.jpg
ヒャク もも・もろもろ
指事
声符である白の上に、
一横線を加えて白と区別し、
数の百を示す字とする。
卜文では、
白の上に二を加えて二百、
三を加えて三百とする。

by mteisi | 2017-12-05 07:24 | 語源で遊ぶ