カテゴリ:百人一首2( 34 )
百人一首9899100
c0169176_7564538.jpg
従二位家隆
風そよぐならの小川の夕暮はみそぎぞ夏のしるしなりける

c0169176_757567.jpg
後鳥羽院
人もをし人もうらめしあぢきなく世を思ふゆゑに物思ふ身は


c0169176_7571938.jpg
順徳院
ももしきや古き軒端のしのぶにもなほあまりある昔なりけり
by mteisi | 2014-02-17 07:59 | 百人一首2
百人一首959697
c0169176_8122623.jpg
前大荘正慈円
おほけなくうき世の民におほふかなわがたつ杣の墨染の袖


c0169176_8122912.jpg
入道前太政大臣
花さそふ嵐の庭の雪ならでふりゆくものはわが身なりけり


c0169176_8123277.jpg
権中納言定家
来ぬ人をまつほの浦の夕なぎに焼くや藻塩の身もこがれつつ
by mteisi | 2014-02-16 08:13 | 百人一首2
百人一首929394
c0169176_9353238.jpg
二条院讃岐

わが袖は潮干見えぬ沖の易之の人こそ知らね乾く間もなし


c0169176_9353464.jpg
鎌倉右大臣

世の中は常にもがもな渚漕ぐあまの小舟の綱手かなしも


c0169176_9353640.jpg
参議雅雅経

み吉野の山の秋風小夜ふけてふるさと寒く衣うつなり
by mteisi | 2014-02-15 09:37 | 百人一首2
百人一首899091
c0169176_8132143.jpg
式子内親王

玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば忍ぶることの弱りぞもする


c0169176_8132474.jpg
殷富門院大輔

見せばやな雄島のあまの袖だにも濡れにぞ濡れし色はかはらず


c0169176_8132646.jpg
後京極摂政前太政大臣

きりぎりす鳴くや霜夜のさむしろに衣片敷きひとりかも寝む
by mteisi | 2014-02-14 08:14 | 百人一首2
百人一首868788
c0169176_8351460.jpg
西行法師

歎けとて月やは物を思はするかこち顔なるわが涙かな


c0169176_8351679.jpg
寂連法師

村雨の露もまだひぬ槇の葉に霧たちのぼる秋の夕暮れ


c0169176_8351946.jpg
皇嘉門院別当

難波江の蘆のけりねのにとよゆゑみをつくしてや恋ひわたつべき
by mteisi | 2014-02-13 08:36 | 百人一首2
百人一首838485
c0169176_828323.jpg
皇太后宮大夫俊成

世の中よ道こそなけれ思ひ入る山の奥にも鹿ぞ鳴くなる


c0169176_828550.jpg
藤原清輔朝臣

長らへばまだこのごろやしのばれむ憂しと見し世ぞ今は恋しき


c0169176_828794.jpg
俊恵法師

よもすがら物思ふころは明けやらぬ閨のひまさへつれなかりけり
by mteisi | 2014-02-12 08:33 | 百人一首2
百人一首808182
c0169176_7575644.jpg
待賢門院堀河

長からむ心も知らず黒髪の乱れて今朝も物をこそ思へ


c0169176_7575896.jpg
後徳大寺左大臣

ほととぎす鳴きつる方をながむればただ有明の月ぞ残れる


c0169176_758065.jpg
道因法師

思ひわびさても命はあるものを憂きに堪へぬは涙なりけり
by mteisi | 2014-02-11 07:59 | 百人一首2
百人一首777879
c0169176_7481810.jpg
崇徳院

瀬を早み岩にせかるる滝川のわれても末に逢わむとぞ思ふ


c0169176_7475899.jpg
源兼昌

淡路島ぁよふ千鳥の鳴く声に幾夜寝覚め須磨の関守


c0169176_7531175.jpg
左京大夫亞顕輔

秋風にたなびく雲の絶え間よりもれ出づる月の影のさやけさ
by mteisi | 2014-02-10 07:56 | 百人一首2
百人一首747576
c0169176_13442772.jpg
源俊頼朝臣

憂かりける人を初瀬の山おろしよはげしかれとは祈らぬものを


c0169176_13292893.jpg
藤原基俊

契りおきしさせもが露を命にてあはれ今年の秋もいぬめり


c0169176_13155441.jpg
法性寺入道前関白太政大臣

わたの原漕ぎ出でて見ればひさかたの雲居にまがふ沖つ白波
by mteisi | 2014-02-09 13:49 | 百人一首2
百人一首717273
c0169176_7502533.jpg
大納言経信

夕されば門田の稲葉おとぢれて蘆のまろやに秋風ぞ吹く


c0169176_7502857.jpg
祐子内親王王家紀伊

音に聞く高師の浜のあだ波はかけじや袖のぬれもこそすれ


c0169176_7503173.jpg
権中納言匡房

高砂の尾上の桜咲きにけり外山の霞立たずもあらなむ
by mteisi | 2014-02-08 07:53 | 百人一首2