カテゴリ:萬葉集( 658 )
萬葉集651
c0169176_7525775.jpg

十六年甲申正月五日諸卿大夫集安倍蟲麻呂朝臣家宴歌一首 作者不審
吾屋戸乃 君松樹尒 零雪乃 行者不去 待西將待
吾がやどの 君松の木に 零る雪の 行きには行かじ 待ちにし待たむ
同月十一日登活道岡集一株松下飮歌一首
一松 幾代可歷流 吹風乃 聲之清者 年深香聞
一つ松 幾代か経ぬる 吹く風の 音の清きは 年深みかも
 右一首市原王作

澤瀉久孝著「万葉集注釈」6より
by mteisi | 2017-04-27 08:05 | 萬葉集
萬葉集650
c0169176_7423227.jpg

吾背子與 二人之居者 山高 里尒者月波 不曜十万余思
吾が背子と 二人しをれば 山高み 里には月は 照らずともよし
安積親王宴左少弁藤原八束朝臣家之日内舎人大伴宿祢家持作歌一首
久堅乃 雨者零敷 念子之 屋戸尒今夜者 明而將去
ひさかたの 雨はふりしく 思ふ子が、やどに今宵は 明してゆかむ

澤瀉久孝著「万葉集注釈」6より
by mteisi | 2017-04-26 07:49 | 萬葉集
萬葉集649
c0169176_7384341.jpg

十五年癸未秋八月十六日内舎人大伴宿祢家持讃久迹京作歌一首
今造 久迩乃王都者 山河之 清見者 宇倍所知良之
今造る 久邇の都は 山河の さやけき見れば うべ知らすらし
高丘河内連歌二首
故郷者 遠毛不有 一重山 越我可良尒 念曾吾世思
故郷は 遠くもあらず 一重山 越ゆるがからに 思ひぞ吾がせし

澤瀉久孝著「万葉集注釈」6より
by mteisi | 2017-04-25 07:56 | 萬葉集
萬葉集
c0169176_8511924.jpg

大伴宿祢家持作歌一首
田跡河之 瀧乎清美香 從古 宮仕兼 多藝乃野上尒 
田跡河の 瀧を清みか 古ゆ 宮仕へけむ 多藝の野の上に
不破行宮大伴宿祢家持作歌一首
關無者 還尒谷藻 打行而 妹之手枕 巻手宿益尒
關無くは かへりにだにも うち行きて 妹が手枕 まきてねましを

澤瀉久孝著「万葉集注釈」6より
by mteisi | 2017-04-24 08:51 | 萬葉集
萬葉集
c0169176_851355.jpg

御食國 志麻乃海部有之 眞熊能之 御船尒乘而 奥部榜所見
御食つ国 志摩の海人ならし ま熊能の 小船に乗りて 沖邊こぶ見ゆ
美濃國多藝行宮大伴宿祢東人怍一首
從古 人之言來流 老人之 變若云水曾 名尒負瀧之瀬
古ゆ 人の云ひ來る 老人の をつとふ水ぞ 名に負ふ瀧の瀬

澤瀉久孝著「万葉集注釈」6より
by mteisi | 2017-04-23 08:15 | 萬葉集
萬葉集646
c0169176_8155722.jpg

狭殘行宮大伴宿祢家持作歌二首
天皇之 行幸之隋 吾妹子之 手枕不巻 月曾歷去家留
大君の 行幸のまにま 吾妹子が 手枕まかず 月ぞ經にける

澤瀉久孝著「万葉集注釈」6より
by mteisi | 2017-04-22 08:21 | 萬葉集
萬葉集645
c0169176_727581.jpg

丹比屋主眞人歌一首
後尒之 人尒思久 四泥能埼 木綿取之泥而 好住跡其念
後れにし 人を思はく 四泥の崎 木綿取りしでて 幸くとぞ思ふ
 右案此歌者不有此行之作乎。所以然言、勅大夫從河口行宮還京、勿令從駕焉 何有詠思泥埼作歌哉。

澤瀉久孝著「万葉集注釈」6より
by mteisi | 2017-04-21 07:35 | 萬葉集
萬葉集644
c0169176_751311.jpg

天皇御製歌一首
妹尒戀 吾乃松原 見渡者 潮干乃滷尒 多頭鳴渡
妹に戀ひ あがの松原 見渡せば 潮干の潟に 鶴鳴き渡る
 右一首今案吾松原在三重郡。相去河口行宮遠矣。若疑御在朝明行宮之時所製御歌。傳者誤之歟。 

澤瀉久孝著「万葉集注釈」6より
by mteisi | 2017-04-20 07:51 | 萬葉集
萬葉集643
c0169176_7541150.jpg

十二月庚辰冬十月、依大宰少貳藤原朝臣廣嗣謀反發軍、幸于伊勢國之時、河口行宮内舎人大伴宿祢家持作歌一首
河口之 野邊尒廬而 夜乃歷者 妹之手本師所念鴨
河口の 野邊に廬りて 夜の經れば 妹がたもとし 思ほゆるかも
by mteisi | 2017-04-19 07:54 | 萬葉集
萬葉集642
c0169176_7325079.jpg

十一年己卯天皇遊獦髙圓野之時、小獸泄走都里之中。於是適値勇士生而見獲。卽以此獸獻上御在所副歌一首 獸名俗曰牟射佐

大夫之 高圓山尒 追有者 里尒下來流 牟射佐毗曾此

ますらをの 高圓山に せめたれば 里に下りける むざさびぞこれ

 右一首大伴坂上郎女怍之也。但未逕奏而小獸死斃。因此獻歌停之
by mteisi | 2017-04-18 07:35 | 萬葉集