カテゴリ:孔子( 290 )
孔子289
c0169176_7241935.jpg


孔子曰、生而知之者、上也、學而知之者、次也、困而學之、又其次也、困而不學、民斯爲下矣、
孔子の曰わく、生まれながらにしてこれを知る者は上なり。学びてこれを知る者は次なり。困しみてこれを学ぶは又た其の次ぎなり。困みて学ばざる、民斯れを下と為す。
孔子がいわれた、「生まれついてのもの知りは一番上だ。学んで知るのはその次だ。ゆきづまって学ぶ人はまたその次ぎだ。ゆきづまっても学ぼうとしないのは、人民でも最も下等だ。
by mteisi | 2017-05-25 07:32 | 孔子
孔子288
c0169176_7281425.jpg


孔子曰、君子有三畏、畏天命、畏大人、畏聖人之言、小人不知天命而不畏也、狎大人、侮聖人之言、
孔子の曰わく、君子に三畏あり。天命を畏れ、大人を畏れ、聖人の言を畏る。小人は天命を知らずして畏れず、大人に狎れ、聖人の言を侮る。
孔子がいわれた、「君子には三つの畏れ(はばかり)がある。天命を畏れ、大人を畏れ、聖人のことばを畏れる。小人は天命を知らないで畏れず(わがままにふるまい)、大人になれなれしくし、聖人のことばをばかにする。」
by mteisi | 2017-05-24 07:45 | 孔子
孔子287
c0169176_7454486.jpg


孔子曰、君子有三戒、少之時、血氣未定、戒之在色、及其壯也、戒之在色、及其壯也、血氣方剛、戒之在鬭、及其老也、血氣既衰、戒之在得、
孔子の曰わく、君子に三戒あり。少き時は血気未だ定まらず、これを戒むること色に在り。其の壮なるに及んでは血気方に剛なり、これを戒むること闘に在り。其の老いたるに及んでは血気既に衰う、これを戒むること得に在り。
by mteisi | 2017-05-23 07:46 | 孔子
孔子286
c0169176_7324931.jpg


孔子曰、侍於君子有三愆、言未及之而言、謂之躁、言及之而不言、謂之隱、未見願色而言、謂之瞽、
孔子の曰わく、君子に侍するに三愆あり。言未だこれに及ばずしていう、これを躁と謂う。言これに及びて言わざる、これを隱と謂う。未だ顔色を見ずして言う、これを瞽と謂う。
孔子がいわれた、「君子のおそばにて、三種のあやまちがある。まだ言うべきでないのに言うのはがさつといい、言うべきなのに言わないのは隠すといい、[君子の]顔つきも見ないで話すのを盲という。」
by mteisi | 2017-05-22 07:33 | 孔子
孔子285
c0169176_723018.jpg


孔子曰、益者三樂、損者三樂、樂節禮樂、樂道人之善、樂多賢友、益矣、樂驕樂、樂佚遊、樂宴楽、損矣、
孔子の曰わく、益者三樂、損者三樂。礼楽を節せんことを楽しみ、人の善を道うことを楽しみ、賢友多きを楽しむは、益なり。驕楽を楽しみ、佚遊を楽しみ、宴楽を楽しむのは、損なり。
孔子は言われた「有益な楽しみが三種、有害な楽しみが三種。礼儀と雅楽をおりめ正しく行うのを楽しみ、人の美点を口にするのを楽しみ、すぐれた友だちの多いのを楽しむのは、有益だ。わがままかってを楽しみ、怠け遊ぶことを楽しみ、酒もりを楽しむのは、害だ。」
by mteisi | 2017-05-21 07:23 | 孔子
孔子284
c0169176_722737.jpg


孔子曰、益者三友、損者三友、友直、友諒、友多聞、益矣、友便辟、友善柔、友便佞、損矣、
孔子の曰わく、益者三友、損者三友、直きを友とし、諒を友とし、多聞を友とするは、益なり。便辟を友とし、善柔をともとし。便佞を友とするは、損なり。
孔子がいわれた、「有益な友だちが三種。正直な人を友だちにし、誠心の人を友だち西、もの知りを友だちにするのは、有益だ。体裁ぶったのを友だちにし、うわべだけのへつらいものを友だちにし、口たっしゃなのを友だちにするのは、害だ。」
by mteisi | 2017-05-20 07:22 | 孔子
孔子283
c0169176_7182571.jpg


孔子曰、祿之去公室五世矣、政逮大夫四世矣、故夫三桓之孫微矣、
孔子の曰わく、祿の公室を去ること五世なり、政の大夫に逮ぶこと四世なり。故に夫の三桓の之孫は微なり。
孔子がいわれた、「[魯では]爵禄を与える権力が公室を離れてから五代(宣公・成公・襄公・昭公・定公)になるし、政治が大夫の手に移ってから[季孫子の例では]四代(季武子・棹子・平子・桓子)になる。だからあの三桓の之孫も衰えたのだ。」
by mteisi | 2017-05-19 07:18 | 孔子
孔子282
c0169176_7141670.jpg

二之二
陪臣執國命、三世希不失矣、天下有道、則政不在大夫、天下有道、則庶人不議、
陪臣国命を執れば、三世にして牛なわざること希なし。天下道あれば、則ち政は大夫に在らず。天下道あれば、則ち庶人は議せず。
陪臣(大夫の家臣)が国権とりしきるときは三代までで失敗しないものはめったにない。天下に道があれば政治は大夫の手などに握られることはなく、天下に道があれば政治の批判などしなくなる。
by mteisi | 2017-05-18 07:14 | 孔子
孔子281
c0169176_7291223.jpg

二之一
孔子曰、天下有道、則禮樂征伐自天子出、天下無道、則禮樂征伐自諸侯出、自諸侯出、蓋十世希不失矣、自大夫出、五世希不失矣、
孔子の曰わく、天下道あれば、則ち礼楽征伐、天子より出ず。天下道なければ、則ち礼楽征伐、諸侯より出ず。諸侯より出ずれば、五世にして失わざること希なし。
孔子がいわれた、「天下に道のあるときは礼楽や征伐は天子から起こる。天下に道がないときは礼楽や征伐は諸侯から起こる。諸侯から起こるときは[そんなことがいつまでも許されるはずはないから、]およそ十代までで失敗しないものはめったにない。大夫から起こるときは五代までで失敗しないものはめったにない。
by mteisi | 2017-05-17 07:42 | 孔子
孔子280
c0169176_8144525.jpg

一之六
今由與求也、相夫子、遠人不服、而不能來也、邦分崩離析而不能守也、而謀勤干戈於邦内、吾恐季孫之憂、不在於顓臾、而在蕭牆之内也、
今、由と求とは夫の子を相け、遠人服せざれども能わず、而して干戈を邦内に動かさんことを謀る。吾れ恐る、季孫の憂いは顓臾に在らずして牆牆之内也、
今、由(子路)と求とはあの方(季氏)を補佐していながら、遠方の人が従わないでいるのになつけることもできず、国がばらばらに分かれているのに守ることもできない。それでいて国内で戦争を起こそうと企てている。わたしは恐れるが、季孫の心配ごとは顓臾にはなくて、[身近い]屛の内がわにあるだろう。」
by mteisi | 2017-05-16 08:15 | 孔子