カテゴリ:展覧会( 45 )
西日本書美術展
福岡市美術館だ開催している「40周年記念西日本書美術展」から
気になった作品を紹介します。
期間は日曜日21日までです。
明日は大東文化大学の宮里先生の解説が4時からあります。
c0169176_16472599.jpg
「九州ゆかりの 昭和の書家展」から紹介します。
まず目に飛びこんできたのが桑田笹舟先生の作。
仮名だけど流麗というより、
厳しい筆致です。
料紙もご自分で制作されています。
1階の松永記念館に展示している、
光悦の宗達との合作の書を思い浮かべました。
その意識があったかもしれません。

c0169176_16473111.jpg
青山衫雨先生と左が手島右卿で右が豊道春海先生の作。
手島先生は金石を研究されて面白い表現も多いが、
これは創意が感じない作です。
青山先生は金石家に多い右上げをしない特殊性があり、
前屈みの安定した作風を構築しています。
豊道先生の作は唐風の安定した形を、
蔵意を込めて運筆しておられます。
造形的工夫は乏しいようです。

c0169176_16480371.jpg
津金先生の手紙は圧巻です。
多くの方に見て欲しいと思います。
探求心の塊です。

c0169176_16480866.jpg
ここからは西日本展です。
まずは私の「い呂歯二保へと知理奴留遠」です。
さまざまな書体を使うのは破体書といいますが、
聞こえがよくないので、
超体書と呼んでいます。
白川静の「字統」で金文を使いこなそうとして、
やっています。
どういう価値があるのかといえば、
遊べて満足というところでしょうか。

c0169176_16475509.jpg
ちょっと面白いなと思ったのがこの篆刻です。
川口紫土さんの作品。
創意を感じました。
意図的にエッジを効かせています。
普通は線が薄くなり、
初心者の線に見えるので、
刻みを入れたり、
角を落としたりします。
意図的にというところが気に入りました。

c0169176_16475969.jpg
その彼が書いた名札です。
図太いです。

c0169176_16474014.jpg
これは福岡書芸院の会員で、
準大賞をとった志賀禮花さんの作品です。
変化豊かな草書を研究しています。
これからは草書を記憶することが要求されるでしょう。
字を読んで書くことがとても大事です。
でも、
楷書や行書・隷書は読めても、
篆書・金文・甲骨・草書は大変です。
これからの書はここをクリアーすることで、
面白くなっていくと思います。
この展覧会は日曜までです。
是非御覧下さい。

by mteisi | 2014-12-19 17:55 | 展覧会
珈琲美美にて
珈琲美美で展示させてもらっている作品です。
福岡市美術館で開催中の「西日本書美術展」に
あわせて飾らせてもらいました。
過去の作品がほとんどです。
日曜日21日までです。
c0169176_21021845.jpg
コンテで書いた漢の時代の「張遷碑」です。
16年くらい前のものです。
右の小さな作品は「珈琲美美」です。
美美さんとお付き合い始めた頃の作品なので、
30年以上前のものです。
看板のロゴです。
c0169176_21074537.jpg
これは2年前の作で「上下左右」。
わかりやすい言葉をわかりにくく。

c0169176_21003650.jpg
PeaceのP

c0169176_21001975.jpg
印でカレンダーを作ったときのもの。
「雪月花」これは石に彫っているが、
最近は陶印が多くなった。

c0169176_21001348.jpg
これも8センチくらいの大きさの石に彫ったもの。
「静居」。
今はなくなった木工家の井上幹太さんに、
作ってもらった額。
鋸で挽いただけで作ってと頼んだら、
今度はなんかさせて下さいといわれた。
板額の裏面は綺麗にカンナをかけてある。

c0169176_20595672.jpg
アクロスで「風花山叢」という展覧会での作。
「ふかぶかとくさぐさのあやそよぎして」。

by mteisi | 2014-12-18 21:31 | 展覧会
書のある風景・けやき通り

今月の16日(火)から21日(日)まで、けやき通りの「ヌワラエリア」と「珈琲美美」と福岡市美術館で私の作品を展示している。よかったらけやき通りを散策して欲しい。
c0169176_22594497.jpg
けやき通り警固四つ角の近くのスリランカ料理の「ヌワラエリア 」に熊谷守一の「玄中玄」が飾ってある。そして49才の時に制作した「う」も一緒に飾ってもらった。久しぶりに出逢って思った以上に気持ちよく出逢えた。山口長男の抽象絵画が気になっていたのだが、まったくそのつもりはなく作っていたが、今見ると結構影響されてるのがわかって驚いている。意味のない仮名文字一字シリーズ第一作。
c0169176_22595911.jpg
珈琲美美」の森光さんとは随分長いお付き合いと成った。ヌワラエリアに作品を飾ってもらったので、お願いして10点ばかり飾ってもらった。昔の作から最近の作まで色々見てもらえると思う。なによりもコーヒーがとても美味しいので是非味わって欲しい。
c0169176_23004833.jpg
福岡市美術館では「40周年記念西日本書美術展」を開催。同時に「九州ゆかりの書人展」が併設される。そこに展示するのが私の父南嶂宛の津金隺仙書簡集。8メートルの巻子なので見応えがするし、なにより内容が面白い。書は手紙が作るというのを実感してもらえると思う。ついでに私の最新作の超体書「い呂歯」も楽しんで欲しい。19日には2時から解説するのでそちらもよろしくです。

by mteisi | 2014-12-14 23:53 | 展覧会
半巌花雨
半巌花雨の最終日にはパフォーマンス。
民芸運動の柳宗悦の「茶の美」の中に、
王羲之の書よりも爨寳子碑の方を正書にするべきだといっていた。
王羲之に面白味を感じなかった私にとって、
とても心強い言葉だった。
そこから私の書道は動き出した。
随分久しぶりに爨寳子碑を見て、
その時とは違う感覚をもったので、
遊んでみようと臨書をしてみた。
480×240㎝のサイズに書いてみた。

c0169176_18171053.jpg


c0169176_18171825.jpg


c0169176_18165810.jpg


第2部では茶室でいろはを書いてプレゼントした。

c0169176_18173581.jpg

c0169176_18174328.jpg

by mteisi | 2013-12-09 18:21 | 展覧会
半巌花雨6
最終日は呈茶はなくて飾りだけ。
遠州の作品を中心に設えてみました。
道具が多くないので、物語りを作るのはなかなかです。


c0169176_17243683.jpg
ニシキギも葉を落としてしまい、枝と実になりました。

c0169176_17245629.jpg
花入れはタイのバンチェン土器で、軸は遠州。

c0169176_1725748.jpg
ぼけてます。櫻「おしみかねちる花ごとにたどふれば こころもかぜにさそわれにけり」

c0169176_1725116.jpg
金属製の鳥の香合。

c0169176_17252230.jpg
四方釜とイギリスの水差し、山本教行さんの茶入れ、フランスの茶碗。

今年のお祭りもこれでお終いです。

https://www.facebook.com/photo.php?v=382740721872015
by mteisi | 2013-12-09 17:41 | 展覧会
半巌花雨5
アクロス五日目は一茶を中心に、
龍先生の道具でお客さんを、
お迎えした。
大勢の方にお茶を楽しんでいてだけた。

c0169176_21192984.jpg
一茶との調和がとてもよかった。

c0169176_21195771.jpg
近くから。

c0169176_2120073.jpg
「雪とけて町一ぱいの雀哉」。

c0169176_2120117.jpg
香合はスンコロ。

明日は三時からパフォーマンスです。
お茶はありませんが、床には遠州を飾ります。
掛け花入れはスコタイの土器。
香合は金属製の鳥
c0169176_21321795.jpg

by mteisi | 2013-12-07 21:37 | 展覧会
半巌花雨4
4日目の床にはジョングラハムの版画作品。
モノトーンの作品は静かな緊張感を生みだす。
西洋の道具やちょっと変わったもので設えた。

c0169176_22425588.jpg
フランスのお客さんに茶を味わってもらう。

c0169176_2243282.jpg
アイルランドの作家で、このアクロスでも「artな書展」で一緒した。
その時が初めて茶室をこしらえた。

c0169176_22425738.jpg
フランスの水差し、茶碗はスペインのマジョリカ、茶杓は韓国の鉄製スプーン、茶入れはイギリスの金属製の入れ物。替え茶碗はフランス製だった。

c0169176_22424964.jpg
香合はイギリスのアルミの蓋付きカップ。
by mteisi | 2013-12-06 22:58 | 展覧会
半巌花雨3
アクロス3日目の茶室です。
c0169176_202281.jpg



c0169176_2023398.jpg
如心斎の書。富士の絵です。「日本のかざり屋根とや春の富士」と書かれています。
気のなせる業。


c0169176_2024422.jpg
清朝の花びら香合。


c0169176_202517.jpg
茶碗は織部、水差しはイギリスのストーンウエッジ、茶入れは山本教行さんの花模様。風炉は私の作。


c0169176_203072.jpg
入り口の枝も随分葉を落としました。
by mteisi | 2013-12-05 20:12 | 展覧会
半巌花雨2
アクロス今日の茶室。
清巌和尚の書を床に。

c0169176_21412258.jpg


c0169176_21423625.jpg
お手前をいただきます。

c0169176_21414239.jpg
蕪菁有識得普化
生茱禅味底人歴
知られている蕪は美味しさに広く喜ばれ、
薬の生茱はただ一人の心の奥底と語らう。

c0169176_21415870.jpg
大雑把な青磁の香合。
by mteisi | 2013-12-04 22:10 | 展覧会
半巌花雨1
福岡書芸院の書展「書・花・茶 半巌花雨」が始まった。
今回は茶室の掛け軸を毎日掛け替えることにした。
初日は私の「印土無心」を書けた。
この作品はインドを旅した時に、
拾ってきた猪口を題材にしたもの。
c0169176_842449.jpg
まずは茶室を

c0169176_843950.jpg
手動闊達駄弁舌
吹吹成形作素陶
使捨端道茶器山
日日回回轆轤韻

c0169176_8433130.jpg
拾った猪口

今日は清巌和尚の「蕪菁」を掛け、
龍先生の設えでの呈茶です。
by mteisi | 2013-12-04 08:47 | 展覧会