カテゴリ:手仕事( 36 )
c0169176_7172911.jpg

c0169176_7173473.jpg

今日使った墨。
「玉壺氷」の銘がはいっている。
嘉慶年製の墨。
紫色した茶墨。
風合いも時代を経た美しさがある。
父の蒐集品だが、だまって拝借初おろし。
by mteisi | 2013-03-19 07:26 | 手仕事
鉄の大鍋
c0169176_17193259.jpg

寸時舎に置いていた鉄鍋が錆びていたので、
錆を落として油を引いてみた。
それが黒々としてなかなかの色。
そんなわけで写真に落としてみた。
あとは出番を待つのみ。
by mteisi | 2013-02-20 17:24 | 手仕事
クバ族赤いアップリケ
c0169176_14554185.jpg


 アフリカに限らず世界中で作られている布の中には、とても美しい物が多い。日本の絣や能衣装もそうだろう。暮らしぶりが反映されてその味わいもさまざまに楽しい。
 そしてこの赤い布のアップリケ。深みのある赤い色が惹きつけるが、文様にまたくぎ付けにされてしまう。神の伝承を伝えているのだろうか。張り付けている文様は文字であると言われている。解らなくなってしまった文字ほど好奇心を触発される。それにしてもこの文様の野放図な置き方はどうしたことだろう。これがアフリカの原初の美意識だろうか。よく見ると仕事ぶりは実に緻密なのだが、その細やかさはかけらも感じない。そこに悠々とした時の流れを感じてしまう。すごい大変なことが起きているのだが、黙々と暮らす日々があるのだろう。深く燃える赤い色と文様が生まれた太古の大地がある。
by mteisi | 2012-01-03 14:58 | 手仕事
アフリカの貨幣
c0169176_23133041.jpg
貨幣  コンゴ民主共和国 トポケ族 H 166cm

 古代エジプトの彫刻を思わせる、異様な美しさだなと思い手に入れました。もともとは剣ですが貨幣として使われた物です。実際に武器として使っていたんでしょうか?。大きなものでありながら優美な美しさをもつこの剣は、鋼の鉄というより薄い鉄板を柔らかく成形していて、刃となるところは丸く曲げられています。剣としての能力は優秀とはいえないようです。
 この形は見た瞬間に異文化の面白さを感じました。珍しさは大きな魅力の一つです。珍しいものには心がときめきます。このときめきは創造の源ではないでしょうか。違うものとの出会いはどんな場合でも体が活性します。私達が目差している上達することも違う自分になることでしょう。珍しい書が出来ないものでしょうか。
by mteisi | 2011-11-14 23:20 | 手仕事
アフリカのコンテナ
c0169176_1514851.jpg


奇妙な形の木の器に出逢った瞬間、虜にされていまいました。形が素晴らしい。たぶん自分が使うために、自分で作った物だと思います。でも、人の物も頼まれれば作っていたし、仕事として成り立っていたのかな。こんな自由な心のありようでお金に換えられるのは、とてつもないことだと思います。
木を刳りぬいて形にしていいます。自然の味なんてものはかけらも感じません。手に負えない斬新さで迫ってきます。口の形と刳りぬきの角度が絶妙な緊張感です。花を入れると素敵です。でも、床に置くと口が傾いてしまうので収まりません。下に小さなものを置いて水平をとります。それくらい適当なんです。
現代作家にはとてもこの真似はできません。人類の歴史を丸抱えしたような土性骨はとても無理です。でも、なんとかならないかと思っています。私達も人類の最先端にいる、一人の人間として。
by mteisi | 2011-11-02 15:08 | 手仕事
メキシコガラス
c0169176_18493711.jpg
pm6:30
夕焼け空が美しい。去年から空の雲がとても気になりだした。
雲の姿や色がさまざまに動くことがとても愉しい。
線路をまたぐ高架の道は、上るときに雲が迫ってくる。
幸運にも部屋からは西の空がよく見える。

c0169176_18494336.jpg


これもあまねやで買ったメキシコのグラス。
割れてしまったコップの前は、
これでとてもおいしく飲んでいた。
たくさんは入らないが、
もともとちょっとのめばいいので、
これくらいで間に合う。

5個あったものが今は2個。
それも一つは底が少し欠けている。
高さ17.5センチ。
by mteisi | 2011-09-15 19:01 | 手仕事
ビ−ルグラス
c0169176_19423542.jpg


あまねやでビール用のコップを買ってきた。
大量製品のコップに模様をつけたもの。
これもうすくて頼りなげ。
キリッとした切れ味がないのがいい。
これは800円。高さ12センチ。
もう涼しくなるので飲まない日が多くなるかな。
by mteisi | 2011-09-12 19:47 | 手仕事
ビールコップ
c0169176_136726.jpg


村上レシピで買ってきたコップで飲むビールがおいしかった。
でも、お気に入りの大きなコップが割れてしまった。
これは一つ残った小さめのもの。
薄くて頼りなげだが、悠々としていた。
by mteisi | 2011-09-09 13:12 | 手仕事
メキシコガラス
c0169176_19511224.jpg


高さ15.7センチの大ぶりのグラス。
メキシコガラスの不揃いな作りの大雑把さが気に入っている。
今年の夏はこれで水や冷えたお茶をグイグイ飲んだ。
ただ、口が広がっているのでよくこぼした。
by mteisi | 2011-09-08 19:59 | 手仕事
アフリカの藍の絞り
c0169176_10263145.jpg

c0169176_10263841.jpg


藍の絞り 
カメルーン・バミレケ族

 あまねやさんに紹介された「古道具坂田」は欲しいものだらけ。イギリスの古い食器棚や椅子は見事だった。だが、一番惹かれたのが絞りの布。持って帰るのも簡単だったので手に入れた。坂田さんから聞かされた「3分の2は芹沢銈介のところに収めた。」という話は私の数少ない自慢の一つ。
 まあ、この絞りの文様の素晴らしいこと。辻が花と比べるとすぐ解るが、細やかさの在り所がまったく違う。そのことを決して誇っていないし、喜びにあふれたすごい文様だ。外し忘れた絞りの糸もラフィアン椰子のようなゴツイ繊維。このありようの全てから、広い大地の豊かさを感じる。私の暮らしからは随分遠いところにあるのだが、それだけにいっそう惹かれてしまう。
by mteisi | 2011-09-01 10:32 | 手仕事