<   2012年 10月 ( 64 )   > この月の画像一覧
古今和歌集880
c0169176_7372791.jpg
am7:20
ふんわりとおだやかなぼかし。

c0169176_7372535.jpg


きのつらゆき

かつ見れどうとくもあるかな月影の
いたらぬさともあらじと思へば

一方では賞翫しながらも、
一方ではうとましく思われることであるよ。
美しい月影は、ここだけではなく、
いな、どんな所にでも、
行かない所はないと思うので。
by mteisi | 2012-10-31 07:39 | 古今和歌集
c0169176_7262382.jpg

チョウ ほる・かざる

周と彡からなる。
周は彫飾のある盾のかたち。
彡はかがやきとかうつくしさを表すので、
彫飾の美しさ彫という。
by mteisi | 2012-10-31 07:31 | 語源で遊ぶ
古今和歌集879
c0169176_1124650.jpg
am7:20
たいらな雲間にだよううす雲。

c0169176_1124423.jpg


なりひらの朝臣

おほかたは月をもめでじこれぞこの
つもれば人のおいとなるもの

特殊な場合は例外として、おざなりには、
美しい月景色をも賞翫いたしますまい。
この月こそが、積み重なる年となり、
人間の老いとなるものであるから。
by mteisi | 2012-10-30 11:05 | 古今和歌集
c0169176_7504465.jpg

[説文]に「凡そ艸には零といひ、木には落といふ」とあって
零と落を区別するが、零は雨露のことをいう語である。
落は流落・落魄のように、もとの姿を失うことをいう。
また、建造物や器物が出来上がったとき、
血で清める儀礼を洛という。
落には旧を除き新を迎えるいがあって、
「死するなり」と「始なり」の両訓がある。
by mteisi | 2012-10-30 08:01 | 語源で遊ぶ
稲刈り終了
c0169176_15523813.jpg

稲刈り終了。
今年も失敗。
穂がスカスカ。
何が悪いのか。
by mteisi | 2012-10-29 15:55 | 野良しごと
古今和歌集878
c0169176_729514.jpg
am7:10
稲刈り天気。

c0169176_72922.jpg


わが心なぐさめかねつさらしなや
をばすて山にてる月を見て

私のわびしい気持ちは、
どうしてもなぐさめることができないことであるよ。
更級の姨捨(おばすて)山に照っているあかるい月を見ていても。
by mteisi | 2012-10-29 07:30 | 古今和歌集
c0169176_7225194.jpg

水の流れる形。
by mteisi | 2012-10-29 07:23 | 語源で遊ぶ
稲刈り準備
c0169176_2216392.jpg

天日干しをする竹を立ててきた。
竹を切るつもりできたが、
去年のもので十分のようだ。

残念だが、
充実した実りとはほど遠い出来。
穂が垂れていない。

明日が稲刈り。
by mteisi | 2012-10-28 22:22 | 野良しごと
古今和歌集877
c0169176_7183635.jpg
am7:07
あかるい空が見えている。

c0169176_7185293.jpg


よみ人しらず

おそくいづる月にもあるかな葦引の
山のあなたもをしむべらなり

なかなか月がでてこないことであるよ。
山のあちら(東)でも月の沈むのを
惜しんでいるようである。
by mteisi | 2012-10-28 07:20 | 古今和歌集
c0169176_7112088.jpg

目と髪の毛で頭を表し、
首になる。
by mteisi | 2012-10-28 07:13 | 語源で遊ぶ