<   2015年 01月 ( 126 )   > この月の画像一覧
朝歌1月31日
c0169176_08181734.jpg
am7:13

c0169176_08181302.jpg
さすひかりうすくぼやけるあさのそら

c0169176_08180580.jpg
光明未到早朝鼠空

by mteisi | 2015-01-31 08:19 | 朝歌
素性法師
c0169176_08162769.jpg

題しらず

 素性法師

をしめどもとまらぬ春もある物をいはぬにきたる夏ごろも哉


by mteisi | 2015-01-31 08:16 | 新古今和歌集
陸游
c0169176_07522707.jpg

唐人似絶句

 陸游

靜對煎茶竈 閑疏洗藥泉 回頭問童子 今夕是何年

靜かに煎茶の竈に對し 閑に洗藥の泉を疏す 頭を回らして童子に問う 今夕は是て何の年ぞ


by mteisi | 2015-01-31 08:14 | 五絶
c0169176_07530522.jpg
シ はじめ
形声
字の初形は姒に作り、
以の初形は㠯で耜(すき)の形。
始はもと耜声の字である。
台はもと㠯(い)に祝禱の器である口(サイ)を加えたもので、
耜を祓い清める儀礼をいう字。
農耕の開始の時まず農具を清めることが、
秋の害虫を防ぐために必要とされた。
台と同じく耜(耒)と祝禱の器からなるものに、
加があり、
これも農具を祓う儀礼で、壴声を加えることを嘉という。
加や嘉は、
また男子の出生をいう語にも用いられる。
それで始に「はじめ」という意がもしあるとすれば、
それは加・嘉に対する語で、
台に胎の声義があるとするものであろう。

by mteisi | 2015-01-31 08:11 | 語源で遊ぶ
朝歌1月30日
c0169176_08064258.jpg
am7:37

c0169176_08063786.jpg
からすさるねずいろふかくくらいそら

c0169176_08063314.jpg
暗雲天空飛去黒鳥

by mteisi | 2015-01-30 08:08 | 朝歌
持統天皇御歌
c0169176_08044860.jpg

新古今和歌集巻第三

夏歌

題しらず

 持統天皇御歌

春すぎて夏きにけらし白妙の衣ほすてふあまのかぐやま


by mteisi | 2015-01-30 08:05 | 新古今和歌集
陸游
c0169176_07535854.jpg

唐人似絶句

 陸游

雨細穿梅塢 風和上柳橋 山居無暦日 今日是何朝

雨は細く梅塢を穿ち 風は和らかく柳橋に上る 山居暦日なし 今日は是れ何の朝ぞ

雨は細く梅の土手を穿ち、風は柔らかく柳橋を吹く。山住まいに暦はない。今日は何時の朝だろう。


by mteisi | 2015-01-30 08:03 | 五絶
c0169176_07421862.jpg
ク・コウ まがる
会意
勹と口からなる。
勹は人の句曲(こうきょく)した形で、
屈屍の象。
口はさいで、
祝禱の器の形で屈屍葬を示す字。


by mteisi | 2015-01-30 07:50 | 語源で遊ぶ
朝歌1月29日
c0169176_08114115.jpg
am7:43

c0169176_08113641.jpg
べにくわえあおふくむくもそらきよむ

c0169176_08113227.jpg
鼠空和紅空色清澄

by mteisi | 2015-01-29 08:13 | 朝歌
摂政太政大臣
c0169176_08094018.jpg

百首歌たてまつりしとき

 摂政太政大臣

あすよりは志賀の花ぞのまれにだに誰かはとはん春のふるさと


by mteisi | 2015-01-29 08:10 | 新古今和歌集