<   2015年 03月 ( 123 )   > この月の画像一覧
朝歌3月31日
c0169176_13585065.jpg

am6:32

c0169176_1358481.jpg

うぶひかりそのやわらぎのあややさし

c0169176_13584568.jpg

青光珠明雲彩華音
by mteisi | 2015-03-31 14:00 | 朝歌
c0169176_1357167.jpg

キョ ゆるす
形声
音符は午。
午に御(ぎょ)の音がある。
許は御(ふせぐ)と音・意味の関係があり、
午は御の古い字形で幺(糸たばを拗った形)を拝んでいる形で、
その糸たばは神に祈るときに使った霊の力をもつ呪物であった。
幺はのち午(杵・きね)の形となる。
杵形の午を拝んで神に祈り、
これに応えて神が降ってきて、
祈りを聞き入れ許すのである。
許とはもと神が「ゆるす」こと。
by mteisi | 2015-03-31 13:57 | 語源で遊ぶ
老子第33章
c0169176_13555443.jpg

知人者智、自知者明、勝人者有力、自勝者強。知足者富、強行者有志。不失其所者久、死而不亡者壽。
 人を知る者は智なり、自ら知る者は明なり。人に勝つ者は強く、足るを知る者は富み、強(つと)めて行う者は志を有す。其の所を失わざる者は久しく、死して而も亡びざる者は寿(いのちなが)し。
by mteisi | 2015-03-31 13:56 | 老子2
入道前關白太政大臣
c0169176_13532053.jpg

百首歌よませ侍りけるに
 入道前關白太政大臣
五月雨はおほの川原のまこも草からでや浪のしたにくちなん
by mteisi | 2015-03-31 13:54 | 新古今和歌集
朝歌3月30日
c0169176_844075.jpg

am6:27

c0169176_84364.jpg

おくぶかくあるねずいろにかすむそら

c0169176_843246.jpg

奥深水精網矢掛流
by mteisi | 2015-03-30 08:07 | 朝歌
c0169176_824173.jpg

サイ ほそい・ほそる・こまか・こまかい
形声
もとの字は糸偏に囟につくり、
囟はのちに田になった。
囟はひよめき(幼児の頭蓋骨の縫合部分で、
脈を打つたびにひくひく動く部分)の形。
細かい網目の形に似ている。
織物の織り目の薄いものを細といったが、
のちすべての物の「ほそい、こまかい」の意味となり、
人や事がらの「いやしい、ちいさい、わずか」の意味に用いる。
by mteisi | 2015-03-30 08:03 | 語源で遊ぶ
老子第32章-2
c0169176_803712.jpg

始制有名。名亦旣有、夫亦將知止、知止、所以不殆。
譬道之在天下、猶川谷之與江海。

 初めて制して名有り、名も亦既に有り、夫れ亦将に止まるを知らんとす。止まるを知るは、殆(あや)うからざる所以なり。
 道の天下に在るを譬うれば、猶お川谷の江海に於けるがことし。
by mteisi | 2015-03-30 08:01 | 老子2
藤原基俊
c0169176_7581191.jpg

雨中木繁と云う心を
 藤原基俊
玉がしはしげりにけりなさみだれに葉守の神のしめはふるまで
by mteisi | 2015-03-30 07:58 | 新古今和歌集
朝歌3月30日
c0169176_855331.jpg

am6:02

c0169176_855118.jpg

かさなりのくもあつくしてあさひらく

c0169176_854771.jpg

朝開面前雲様重畳
by mteisi | 2015-03-29 08:07 | 朝歌
c0169176_842668.jpg

シャ・セキ・エキ いつ・あてる・いとう
会意
初形は弓矢と手からなる。
弓に矢をつがえて、
これを放つ形。
いま弓矢の形を身と誤って釈して、
形義がわからないものになった。
by mteisi | 2015-03-29 08:04 | 語源で遊ぶ