<   2015年 12月 ( 123 )   > この月の画像一覧
朝歌12月31日
c0169176_8425544.jpg

am7:45

c0169176_8425278.jpg

いろかすみやわらぎのきのそらとあり

c0169176_844338.jpg

彩霞撫辺和気遙也
by mteisi | 2015-12-31 08:45 | 朝歌
萬葉集171
c0169176_8403166.jpg

天皇賜志斐嫗御歌一首
不聽跡雖云 強流志斐能我 強語 比者不聞而 朕戀尒家里
いなといへど 強ふる志斐のが 強語 此の頃聞かずて 朕戀ひにけり
志斐嫗奉和歌一首 嫗名未詳
不聽雖謂 話礼話礼常 詔許曾 志斐伊波奏 強語登言
いなといへど 語れ語れと 詔らせこそ 志斐いは奏せ 強語といふ

澤瀉久孝著「万葉集注釈」3より
by mteisi | 2015-12-31 08:41 | 萬葉集
c0169176_8315865.jpg

ギ・キ ぐんたい・たわむれる
会意
旧字は戲。
偏のキと戈からなる。
戈でキを後ろから撃つ形。
虎頭の人が豆形の台座に腰かけている形。
古く軍中の遊戯としてこれを撃つ舞楽の類があり、
もと軍事に関する字である。
by mteisi | 2015-12-31 08:38 | 語源で遊ぶ
荘子112
c0169176_830877.jpg

一之九
國爲虛厲、身爲刑戮、其用兵不止、其求實无已、是皆求名實者也、而獨不聞之乎、名實者、聖人之所不能勝也、而況若乎、雖然者必有以也、嘗以語我來、

国は虛厲と為り、身は刑戮と為る。其の兵を用いて止まず、其の実を求めて已むことなければなり。是れ皆名実を求むる者なり。而独(そ)れこれを聞かざるか。名実なる者は、聖人の勝つ能わざる所なり、而るを況んや若をや、然りと雖も若必ず以(ゆえ)あらん。嘗(こころ)みに以て我れに語(つ)げよ

これらの国々は空虚(うつろ)なむごいありさまにされ、君主たちは死刑にされた。彼らがあくまで戦争好きで実益を求めてやまなかったからだ。これはみな名誉と実益を求めた[ために害にあった]ものである。お前もこの話しは聞いたことがあるだろう。名誉と実益というものは、聖人でさえその誘惑にうちかつことができないほどのものだ。ましてお前にはなおさらのことだ。しかしそうはいっても、お前にもきっと言い分はあるだろう、ためしにそれを私に話してみたまえ。
by mteisi | 2015-12-31 08:30 | 荘子
朝歌12月30日
c0169176_8473874.jpg

am7:31

c0169176_8473159.jpg

すむそらのあおささやかにしみわたる

c0169176_8472964.jpg

青白天青透我爽宇
by mteisi | 2015-12-30 08:49 | 朝歌
萬葉集170
c0169176_8373370.jpg

雜歌
天皇御遊雷岳之時柿本朝臣人麻呂作歌一首
皇者 神二四座者 天雲之 雷之上尒 廬爲流鴨
大君は 神にしませば 天雲の 雷の上に 廬せるかも
右或本云、獻忍壁皇子也。其歌曰
王 神座者 雲隠 伊加土山尒 宮敷座
おほきみは 神にしませば 雲隠る いかつき山に 宮しきいます
 
澤瀉久孝著「万葉集注釈」3より
by mteisi | 2015-12-30 08:46 | 萬葉集
c0169176_8315823.jpg

キン・ゴン つとめる・いそしむ
形声
声符は菫。
菫は巫女が焼かれる形で、
艱難をのことを示す字。
力は耒の形。
農耕のことに勤苦すること。
by mteisi | 2015-12-30 08:36 | 語源で遊ぶ
荘子111
c0169176_758759.jpg

一之八
且昔者、桀殺關龍逢、紂殺王子比干、是皆脩其身傴拊人之民、以下拂其上者也、故其君因其脩、以擠之、是好名者也、昔者、堯攻叢快骨敖、禹攻有由扈、

且つ昔者、桀は關龍逢を殺し、紂は王子比干を殺す。是れ皆伎の身を修めて人の民を傴拊し、下を以て其の上に払(さから)いし者なり。故にその君は其修まれるに因りて、以てこれを擠(おとしい)れたり。是れ名を好む者なり。昔者、堯は叢・快・骨敖を攻め、禹は有扈を攻む。

それに、むかし桀は関竜逢を殺し、紂は王子の比干を殺すということがあったが、関竜逢も比干も、みなわが身を修めて他人の支配下の人民を甘やかして手なづけ、臣下の身分でありながらその君主の心にさからった者どもである。だから彼らの君主たちは、彼らの徳行が立派であるため陥れて殺してしまったのだ。これは名誉を好んだ[ために害にあった]ものである。またむかし堯は崇と膾と骨敖とを攻め、禹は有扈を攻めるということがあったが、
by mteisi | 2015-12-30 08:29 | 荘子
朝歌12月29日
c0169176_801576.jpg

am7:00

c0169176_801089.jpg

あかみみせうごめくくものあやしかり

c0169176_80334.jpg

赤含雲様怪怪夭如
by mteisi | 2015-12-29 08:03 | 朝歌
萬葉集169
c0169176_7514231.jpg

或本歌曰
高圓之 野邊乃秋芽子 勿散祢 君之形見尒 見管思奴播武
高圓の 野邊の秋はぎ な散りそね 君が形見に 見つつしぬはむ
三笠山 野邊從遊久道 己伎太久母 荒尒計類鴨 久尒有名國
三笠山 野邊ゆ行く道 こきだくも 荒れにけるかも 久にあらなくに
 
澤瀉久孝著「万葉集注釈」2より
by mteisi | 2015-12-29 07:58 | 萬葉集