<   2016年 04月 ( 121 )   > この月の画像一覧
朝歌4月30日
c0169176_854886.jpg

am6:45

c0169176_86891.jpg

かまびすしとりのなくこえかみよびて

c0169176_864629.jpg

聴■(口四つ)鳥鳴神乎其シュウ
by mteisi | 2016-04-30 08:08 | 朝歌
c0169176_7553644.jpg

ハ・ハク 月の白い光・はしゃ
会意
正字は霸に作り、
雨と革と月とからなる。
初文は雨と革で、
獣屍が雨にさらされ色が脱け、
白くなっている形。
のちに月光の輝きのない光を示すために、
月をくわえて「霸」となる。
by mteisi | 2016-04-30 08:03 | 語源で遊ぶ
萬葉集292
c0169176_7534382.jpg

c0169176_7535453.jpg

天平元年己巳攝津國班田史生丈部龍麻呂自經死之時判官大伴宿祢三中作歌一首 并短歌
雨雲之 向伏國 武士登 所云人者 皇祖 神之御門尒 外重尒 立候 内重尒 仕奉 玉葛 弥遠長 祖名文 繼徃物与 母父尒 妻尒子等尒 語而 立西日從 帶乳戸乎 前坐置而 一手者 木綿取持 一手者 和細布奉 平 間幸座与 天地乃 神祇乞禱 何在 歳月日香 ■(卣の卜が艹)花 何君之 牛留鳥 名津匝來与 立居而 待つ監人者 王之 命恐 押光 難波國尒 荒玉之 年經左右二 白杼 衣不干 朝夕 在鶴公者 何方尒 念座可 欝蟬乃 惜此世乎 露霜 置而徃監 時尒不在之天
天雲の 向伏し國の 武士と 云われし人は すめろぎの 神の御門に 外び重に仕へ奉り 玉かづら いや遠長く 祖の名も 繼ぎゆくものと 母父に 妻に子どもに 語らひて 立ちにし日より たらちねの 母の命は 齋瓮を 前にすゑ置きて 片手には 木綿取り持ち 片手には 和細布奉り 平けく ま幸くませと 天地の 神祇をこひ禱み いかならむ 歳月日にか つつじ花 にほへる君が しなが鳥 なづきひ來むと 立ちてゐて 待ちけむ人は 大君の 命かしこみ おしてる 難波の國に あら玉の 年經るまでに 白杼の 衣も干さず 朝夕に ありつる君は いかさまに 思ひいませか うつせみの 惜しき此の世を 露霜の おきてゆきけむ 時にあらずして

澤瀉久孝著「万葉集注釈」3より
by mteisi | 2016-04-30 07:54 | 萬葉集
荘子234
c0169176_7493539.jpg

五之四
子祀曰、女悪之乎、曰、亡、予何悪、浸假而化予之左臂以爲雞、予因以求時夜、渗假而予之右臂以爲彈、予因以求鴞炙、

子祀曰わく、汝これを悪むかと。曰わく、亡(いな)、予れ何ぞ悪まん。浸く仮(いた)りて予れの左臂を化して鶏と為さば、予れは因りて時夜を求めん。浸く仮りて予れの右臂を化して彈を為さば、予れは因りて鴞炙を求めん。

 子祀はいう、「君はそれがいやかね。」「いや、わしがどうしていやがろう。[造化のはたらきが]だんだん進んでわしの左の臂を鶏に変えるというなら、ついでにわしはその鶏が時を告げるのを聞こうと思う。だんだん進んでわしの右の臂をはじき弓に変えるというなら、ついでにわしは射落とした鳥の燒き肉をほしいと思う。
by mteisi | 2016-04-30 07:49 | 荘子
朝歌4月29日
c0169176_8344351.jpg

am5:47

c0169176_8351572.jpg

あおぞらのひろがりうすくねずのくも

c0169176_8363747.jpg

青天広高鼠雲軽羽
by mteisi | 2016-04-29 08:38 | 朝歌
c0169176_8294443.jpg

キョウ はさむ
会意
人の正面形の大と、
その両脇にそれぞれ人を挟むかたちで、
挟むの初文。
by mteisi | 2016-04-29 08:32 | 語源で遊ぶ
萬葉集291
c0169176_8174836.jpg

神龜六年木己巳左大臣長屋王賜死之後倉橋部王女作歌一首
大皇之 命恐 大荒城乃 時尒波不有跡 雲隱座
悲傷膳部王歌一首
世間者 空物跡 将有登曾 此照月者 滿闕爲家流
世の中は 空しきものと あらむとぞ この照る月は 満ちかけしける

澤瀉久孝著「万葉集注釈」3より
by mteisi | 2016-04-29 08:28 | 萬葉集
荘子233
c0169176_7503817.jpg

五之三
曲僂發背、上有五管頥隱於齊、肩高於頂、区贅指天、陰陽之氣有渗、其心間而无事、■(??并)■(??鮮)而鑑䌂并曰、嗟乎、夫造物者、又將以予爲此拘拘也、

曲僂背に発し、上に五管あり、頤は臍に隠れ、肩は頂より高く、句贅は天を指す。陰陽の気に渗(みだ)るることあるも、其の心間(しず)かにして無事なり。ヘンセンして井に鑑して曰わく、嗟乎、天の造物者、又た将に予れを以てこの拘拘を為さんとするなり。

背中はひどい背むしでもりあがり、内蔵は頭の上にきて頤は臍のあたりにかくれ、両肩は頭のてっぺんよりも高く、頭髪のもとどりは天をさしている。体内の陰陽の気が乱れているのだが、その心は平静で格別の事もない。よろめきながら井戸の[そばに行くと。]水に姿をうつして、「ああ、あの造物者はまたわしの体をこんな曲がりくねったものにしようとしているのだ、」といった。
by mteisi | 2016-04-29 08:16 | 荘子
朝歌4月28日
c0169176_814528.jpg

am5:48

c0169176_8142637.jpg

はいぐもにはいいろかさねそらははい

c0169176_815253.jpg

灰色灰雲只有灰空
by mteisi | 2016-04-28 08:15 | 朝歌
c0169176_810345.jpg

キン ておの・きる
象形
斧の形。「ちょうな」とよばれる手斧の形。
by mteisi | 2016-04-28 08:12 | 語源で遊ぶ