<   2016年 07月 ( 122 )   > この月の画像一覧
朝歌7月31日
c0169176_7543566.jpg

am6:25

c0169176_7545954.jpg

おだやかにやまぎわかすむはれのあさ

c0169176_7553242.jpg

安穏漠際旦者青日
by mteisi | 2016-07-31 07:56 | 朝歌
c0169176_7462453.jpg

サイ きわ・あいだ・さかい・いたる・おり
会意
阝と祭からなる。
阝は神霊が陟降するときの神梯。
その前に祭卓をおき、肉を供えて祭る。
そこは神と人とが相接するところであり、
天と人とが相感応する天人の際。
by mteisi | 2016-07-31 07:53 | 語源で遊ぶ
萬葉集383
c0169176_7365164.jpg

劔大刀 身尒取副常 夢見津 如何之恠曾毛 君尒相爲
劔大刀 見に取りそふと 夢に見つ 何の祥ぞも 君に逢はむため
天地之 神理 無者社 吾念君尒 不相死爲目
天地の 神に理 無くはこそ 吾が思ふ君に 逢はず死せめ

澤瀉久孝著「万葉集注釈」4より
by mteisi | 2016-07-31 07:45 | 萬葉集
荘子325
c0169176_734945.jpg

一之八
及至聖人、■(敝の下に足・ベツ)■(薛の下に足・セツ)爲仁、踶跂爲義、而天下始疑矣、澶漫爲樂、摘僻爲禮、而天下始分矣、

聖人に至るに及びて、ベツセツして仁を為し、踶跂して義を為し、而して天下始めて疑う。澶漫して楽を為し、摘僻して礼を為し、而して天下始めて分かる。

[ところが]聖人があらわれることになると、むりにつとめて仁を行い、あくせくして義を行って、それ世界じゅうがはじめて疑惑を抱くようになった。また気ままかってに音楽を奏で、こまごまと礼儀をさだめて、それで世界じゅうがはじめて分裂するようになった。
by mteisi | 2016-07-31 07:35 | 荘子
朝歌7月30日
c0169176_723857.jpg

am6:20

c0169176_7233542.jpg

あかるさにめをさましなくわしわしと

c0169176_7242278.jpg

明光覺醒儂儂単虫
by mteisi | 2016-07-30 07:25 | 朝歌
萬葉集382
c0169176_7201197.jpg

暮去者 物念益 見之人乃 言問爲形 面景爲而
夕されば 物思ひまさる 見し人の 言問ふ姿 面影にして
念西 死爲物尒 有麻世波 千遍曾吾者 死變益
思ふにし 死するものに あらませば 千たびぞ吾は 死にかへらまし

澤瀉久孝著「万葉集注釈」4より
by mteisi | 2016-07-30 07:20 | 萬葉集
荘子324
c0169176_7184558.jpg

一之七
夫至徳之世、同與禽獸居、族與萬物並、惡乎知君子小人哉、同乎无知、其徳不離、同乎无欲、是謂素樸、素樸而民性得矣、

夫れ至徳の世は、同じく禽獸と居り、族まりて万物と並ぶ。惡くんぞ君子と小人とを知らんや。同乎として無知なり、其の徳離れず。同乎として無欲なり、是れを素樸と謂う。素樸にして民性得らる。

いったい、最高の徳が行われた世では、人々は鳥や獣といっしょに雑居し、万物といっしょに区別なく住んでいた。どうして君子と小人との差別などわきまえようか。ぼんやりとして知識もなく、その本来の持ちまえから離れることがなかった。ぼんやりとして欲望もなく、これこそ素朴(すなわち樸のきじのまま)というものであった。素朴であってこそ、民衆の自然な生まれつきも完全であった。
by mteisi | 2016-07-30 07:19 | 荘子
朝歌7月29日
c0169176_722195.jpg

am6:09

c0169176_723648.jpg

かすみばれせみなくそらにとんぼとぶ

c0169176_732666.jpg

晴霞蟬■(口四つ・シュウ かしましい)蜻蛉宙遊
by mteisi | 2016-07-29 07:05 | 朝歌
c0169176_70590.jpg

スイ たたり
象形
呪霊をもつ獣の形。
by mteisi | 2016-07-29 07:01 | 語源で遊ぶ
萬葉集381
c0169176_6583432.jpg

伊勢海之 礒毛動尒 因流浪 恐人尒 戀渡鴨
伊勢の海の 礒もとゞろに よする浪 かしこき人に 戀ひわたるかも
從情毛 吾者不念寸 山河毛 隔莫國 如是戀常羽
心ゆも 吾は思はずき 山河も 隔たらなくに かく戀ひむとは

澤瀉久孝著「万葉集注釈」4より
by mteisi | 2016-07-29 06:59 | 萬葉集