<   2017年 12月 ( 120 )   > この月の画像一覧
朝歌12月31日
c0169176_08061786.jpg
am7:35

c0169176_08062319.jpg
あまがずみきよげなるそらあわねずみ

c0169176_08062735.jpg
雨霞清々羅空淡鼠

by mteisi | 2017-12-31 08:08 | 朝歌
c0169176_08011277.jpg

ショ・ソ まないた・せんぞ・かつ

象形

俎の形。


by mteisi | 2017-12-31 08:01 | 語源で遊ぶ
萬葉集897
c0169176_07594430.jpg

伊香山 野邊尒開有 芽子見者 公之家有 尾花之所念

伊香山 野邊に咲きたる 萩見れば 君が家なる 尾花し思ほゆ


c0169176_07594887.jpg

石川朝臣老夫歌一首

娘部志 秋芽子折礼 玉桙乃 道去褁跡 爲乞兒

女郎花 秋芽子折れれ 玉桙の 道行きづとと 乞はむ子の爲


by mteisi | 2017-12-31 08:00 | 萬葉集
詩経146
c0169176_07225761.jpg

山有扶蘇

山有扶蘇 隰有荷華  山に扶蘇有り 隰に荷華有り

不見子都 乃見狂且  子都を見ずして 乃ち狂を見る

山には樹が繁り 沢には蓮の花が咲く

子都のような美君子はいないで 狂愚の人ばかり


山有喬松 隰有游龍  山に喬松有り 隰に游龍有り

不見子充 乃見狡童  子充を見ずして 乃ち狡童を見る

山には高い松が有り 沢には茂った竜草がはびこる

子充のような善い人はいないで 悪がしこい小兒輩ばかり


by mteisi | 2017-12-31 07:38 | 詩経
朝歌12月30日
c0169176_08125011.jpg
am7:17

c0169176_08125805.jpg
あめぶくみいしべにぞらのけさもよう

c0169176_08130134.jpg
雨含薄紅今旦空也

by mteisi | 2017-12-30 08:14 | 朝歌
c0169176_08033202.jpg
セン あたらしい・あざやか・すくない
形声
声符は羊で、
■(三羊)の省略形。
また魚も■(三魚)に作るときは、
ヨウと同声。
鮮はその両字を略して組み合わせたもので、
ともに腥鮮(臭)の意がある。

by mteisi | 2017-12-30 08:12 | 語源で遊ぶ
萬葉集896
c0169176_07504093.jpg

珠匣 葦木乃河乎 今日見者 迄萬代 將忘八方

珠匣 蘆城の河を 今日見ては 萬代迄に 和すらえめやも

 右二首作者未詳


c0169176_07504642.jpg

笠朝臣金村伊香山作歌二首

草枕 客行人毛 徃觸者 尒保比奴倍久毛 開流芽子香聞

草枕 旅行く人も 行き觸れば にほひぬべくも 咲ける萩かも


by mteisi | 2017-12-30 08:02 | 萬葉集
詩経145
c0169176_07492120.jpg

有女同車

有女同車 顔如舜華  女有り 車を同うす 顔は舜華の如し

將翺將翔 佩玉瓊琚  將た翺し 將た翔す 佩玉は瓊琚

彼美孟姜 洵美且都  彼の美なる孟姜は 洵に美にして且つ都なり

同じ車に相乗りした娘さん むくげの花のように美しい顔

あちこち車を廻らすれば 佩びた飾り玉はさらさらと

あの美しい孟姜さん ほんとにきれいでみやびやか


有女同行 顔如舜英  女有り 行を同うす 顔は舜英の如し

將翺將翔 佩玉將將  將た翺し 將た翔し 佩玉 將將たり

彼美孟姜 徳音不忘  彼の美なる孟姜は 徳音忘られず

娘さんと同じ道を行く むくげの花の様に美しい顔

あちこち車を廻らすれば 佩びた飾り玉はさらさらと

あの美しい孟姜さんの 人柄の良さが忘られぬ


by mteisi | 2017-12-30 07:50 | 詩経
朝歌12月29日
c0169176_08490423.jpg
am7:17

c0169176_08491145.jpg
あわしそらあおまぜねずとしろきはだ

c0169176_08491592.jpg
淡空肌白青鼠靜帶

by mteisi | 2017-12-29 08:51 | 朝歌
c0169176_08420454.jpg
コク・コウ いのる・つげる
象形
旧字は■(牛口)に作り、
木の小枝に祝禱を収める器のサイを懸けている形。
祝禱の器を木の小枝につけささげ、
神に祈告する意で、
告とは神に訴え告げることをいう。

by mteisi | 2017-12-29 08:48 | 語源で遊ぶ