萬葉集588
c0169176_885246.jpg

c0169176_89053.jpg

c0169176_897100.jpg

過辛荷嶋時山部宿祢赤人作歌一首 并短歌
味澤相 妹目不數見而 敷細乃 枕毛不巻 櫻皮纒 作流舟二 眞梶貫 吾榜來者 淡路乃 野嶋毛過 伊奈美嬬 辛荷乃嶋之 嶋際從 吾宅乎見者 青山乃 曾許十方不見 白雲毛 千重尒成來沼 許伎多武流 浦乃盡 徃隱 嶋乃埼々 隈毛不置 憶曾吾來 客乃氣長弥
あぢさはふ 妹が目がかれて しきたへの 枕もまかず かにはまき 作れる舟に ま楫ぬき 吾がこぎ來れば 淡路の 野島も過ぎ 印南都麻 辛荷の島の 島のまゆ 吾家を見れば 青山の そことも見えず 白雲も 千重に成り來ぬ こぎかむる 浦のことごと 行きかくる 島の崎々 隈もおかず 思ひぞ吾が來る 旅のけ長み
# by mteisi | 2017-02-22 08:09 | 萬葉集
孔子198
c0169176_875264.jpg

四之一
樊遲請學稼、子曰、吾不如老農、請學爲圃、子曰吾不如老舗、樊遲出、子曰、小人哉樊須也、上好禮、則民莫敢不敬、
樊遲、稼を學ばんと請う。子の曰わく、吾れ老農に如かず。圃を爲ることを学ばんと請う。曰わく吾れは老舗に如かず。樊遲出ず、子の曰わく、小人なるかな、樊須や。上禮を好めば、則ち民は敢えて敬せざること莫し。
樊遲が穀物づくちを習いたいとねがうと、先生は「わたしは年よりの百姓に及ばない。」といわれた。野菜作りをならいたいとねがうと、「わたしは年よりの畑つくりに及ばない。」といわれた。樊遲が退出してから、先生はいわれた、「小人だね、樊須は。上の者が誠実を好めば人民はみな尊敬するし、
# by mteisi | 2017-02-22 08:08 | 孔子
朝歌2月21日
c0169176_8151861.jpg

am7:23

c0169176_815335.jpg

くものなかとりとぶとぶもとりにがし

c0169176_8163054.jpg

雲中飛鳥々写逃撮
# by mteisi | 2017-02-21 08:17 | 朝歌
c0169176_8131021.jpg

エツ まさかり
象形
まさかりの形。
# by mteisi | 2017-02-21 08:14 | 語源で遊ぶ
萬葉集587
c0169176_8122353.jpg

明方 潮干乃道生 従明日者 下咲異六 家近附者
明石潟 潮干の道を 明日よりは 下笑ましけむ 家近づけば 
# by mteisi | 2017-02-21 08:12 | 萬葉集
孔子197
c0169176_757094.jpg

三之二
名不正則言不順、言不順則事不成、事不成則禮楽不興、禮楽不興則刑罰不中、刑罰不中則民無所措手足、故君子名之必可言也、言之必可行也、君子於其言、無所苟而已矣、
名正しからざれば則ち言順わず、、言順わざれば則ち事成らず、事成らざれば則ち禮楽興こらず、禮楽興こらざれば則ち刑罰中らず、刑罰中らざれば則ち民手足を措く所なし。故に君子はこれに名づくれば必らず言べきなり。これを言えば必らず行なうべきなり。君子、其の言に於いて、苟くもする所なきのみ。
名が正しくなければことばも順当でなく、ことばが順当でなければ仕事もできあがらず、仕事ができあがらなければ儀礼や音楽も盛んにならず、儀礼や音楽が盛んでなければ刑罰もぴったりゆかず、刑罰がぴったりゆかなければ人民は[不安で]手足のおきどころもなくなる。だから君子は名をつけたらきっとそれをことばとして言えるし、ことばで言ったらきっとそれを実行できるようにする。君子は自分のことばについては決していいかげんにしないものだよ。」
# by mteisi | 2017-02-21 08:11 | 孔子
朝歌2月20日
c0169176_81948.jpg

am7:33

c0169176_813597.jpg

あまおとのするあさぞらはねずのそら

c0169176_821556.jpg

雨下音韻朝虛鼠空
# by mteisi | 2017-02-20 08:02 | 朝歌
c0169176_7593550.jpg

キュウ うす
象形
うすの形。
# by mteisi | 2017-02-20 08:00 | 語源で遊ぶ
萬葉集586
c0169176_7572036.jpg

反歌三首
奥浪 邊波安美 射去爲登 藤江乃浦尒 船曾動流
沖つ浪 邊浪しづけみ いざりすと 藤江の浦に 船ぞさわける
不欲見野乃 淺茅押靡 左宿夜之 氣長在者 家之小篠生 
印南能の 浅茅おしなべ さぬる夜の け長くしあれば 家し偲はゆ
# by mteisi | 2017-02-20 07:59 | 萬葉集
孔子196
c0169176_756158.jpg

三之一
子路曰、衞君待之而爲政、子將奚先、子曰、必也正名乎、子路曰、有是哉、子之迂也、奚其正、子曰、野哉由也、君子於其所不知、蓋闕如也、
子路が曰わく、衞の君、子を待ちて政を為さば、子の將に奚をか先きにせん。子の曰わく、必らずや名を正さんか。子路が曰わく、是有るかな、子の迂なるや。奚ぞ其れ正さん。子の曰わく、野なるかな、由や。君子は其の知らざる所に於いて、蓋闕如たり。
子路がいった、「衛の殿さまが先生をお迎えして政治をなさることになれば、先生は何から先きになさいますか。」先生はいわれた、「せめて名を正すことだね。」子路はいった、「これですか、先生のまわり遠さは。[この急場にそんまものを]どうしてまた正すのです。」先生はいわれた、「がさつだね、由は。君子は自分の分からないことではだまっているものだ。
# by mteisi | 2017-02-20 07:56 | 孔子