萬葉集649
c0169176_7384341.jpg

十五年癸未秋八月十六日内舎人大伴宿祢家持讃久迹京作歌一首
今造 久迩乃王都者 山河之 清見者 宇倍所知良之
今造る 久邇の都は 山河の さやけき見れば うべ知らすらし
高丘河内連歌二首
故郷者 遠毛不有 一重山 越我可良尒 念曾吾世思
故郷は 遠くもあらず 一重山 越ゆるがからに 思ひぞ吾がせし

澤瀉久孝著「万葉集注釈」6より
# by mteisi | 2017-04-25 07:56 | 萬葉集
孔子259
c0169176_7253921.jpg


子貢問爲仁、子曰、工欲善其事、必先利其器、居是邦也、事其大夫之賢者、友其士之仁者也、
子貢、仁を為さんことを問う。子の曰わく、工、其の事を善くせんと欲すれば、必ず其の器を利くす。是れ邦に居りては、其の大夫の賢者に事え、其の士の仁者を友とす。
子貢が仁徳の修めかたをおたずねした。先生はいわれた、「職人が自分の仕事をうまくやろうとすれば、きっとまずその道具を研ぐものだ。[だから]一つの国にいると、そのの大夫のすぐれた人にお仕えし、そこの士人の仁徳のある人を友だちにする[というようにして、自分をみがく人を選ぶ]ことだ。」
# by mteisi | 2017-04-25 07:37 | 孔子
朝歌4月24日
c0169176_858209.jpg

am7:17

c0169176_8584337.jpg

はればれとひろがるそらのあおさまし

c0169176_8592076.jpg

晴々広大靑益生丹
# by mteisi | 2017-04-24 09:00 | 朝歌
c0169176_852128.jpg

ガイ そこなう・わざわい
会意
旧字は縦棒が口までとどく形。
把手のある大きな針と口からなる。
口は祝禱を収める器の形のサイで、
この中に祈願や祝禱を入れる。
その祝禱の器であるサイを、
大きな針で突き刺して、
器中の祝禱の呪能を失わさせることを、
害という。
# by mteisi | 2017-04-24 08:57 | 語源で遊ぶ
萬葉集
c0169176_8511924.jpg

大伴宿祢家持作歌一首
田跡河之 瀧乎清美香 從古 宮仕兼 多藝乃野上尒 
田跡河の 瀧を清みか 古ゆ 宮仕へけむ 多藝の野の上に
不破行宮大伴宿祢家持作歌一首
關無者 還尒谷藻 打行而 妹之手枕 巻手宿益尒
關無くは かへりにだにも うち行きて 妹が手枕 まきてねましを

澤瀉久孝著「万葉集注釈」6より
# by mteisi | 2017-04-24 08:51 | 萬葉集
孔子258
c0169176_8503147.jpg


子曰、可與言而不與之言、失人、不可與言而與之言、失言、知者不失人、亦不失言、
子の曰わく、与に言うべくしてこれと言わざれば、人を失う。与に言うべからずしてこれと言えば、言を失う。知者は人を失わず、亦た言を失わず。
先生がいわれた、「話しあうべきなのに話しあわないと、あいての人をとりにがす。話しあうべきでないのに話しあうと、ことばをむだにする。智の人は人をとりにがすこともなければ、またことばをむだいにすることもない。」


子曰、志士仁人、無求生以害仁、有殺身以成仁、
子の曰わく、志士仁人は、生を求めて以て仁を害すること無し。身を殺して以て仁を成すこと有り。
先生がいわれた、「志しのある人や仁の人は、命惜しさに仁徳を害するようなことはしない。時には命をすてても仁徳を成しとげる。」
# by mteisi | 2017-04-24 08:50 | 孔子
朝歌4月23日
c0169176_826252.jpg

am6:54

c0169176_827048.jpg

あおさのみいちめんひろげきよきみゆ

c0169176_8272736.jpg

唯青一面清清清望
# by mteisi | 2017-04-23 08:28 | 朝歌
c0169176_8155277.jpg

ジュウ かり・けもの
会意
旧字は獸に作り、
キュウと犬からなる。
キュウは上部に二本の羽飾りのついた
楕円形の盾の形。
狩猟の時に用いる。
その成功を祈って、
前に祝禱を収めるうつわの口・サイをおく。
キュウは狩猟前の狩猟の成功を祈る儀礼を意味する字。
それに猟犬の犬を加えたものが獸であるから、
狩猟を意味する狩の本字。
# by mteisi | 2017-04-23 08:25 | 語源で遊ぶ
萬葉集
c0169176_851355.jpg

御食國 志麻乃海部有之 眞熊能之 御船尒乘而 奥部榜所見
御食つ国 志摩の海人ならし ま熊能の 小船に乗りて 沖邊こぶ見ゆ
美濃國多藝行宮大伴宿祢東人怍一首
從古 人之言來流 老人之 變若云水曾 名尒負瀧之瀬
古ゆ 人の云ひ來る 老人の をつとふ水ぞ 名に負ふ瀧の瀬

澤瀉久孝著「万葉集注釈」6より
# by mteisi | 2017-04-23 08:15 | 萬葉集
孔子257
c0169176_747326.jpg


子曰、直哉史魚、邦有道如矢、邦無道如矢、君子哉蘧伯玉、邦有道則仕、邦無道則可卷而懷之
子の曰わく、直なるかな史魚。邦に道あるにも矢の如く、邦に道なきにも矢の如し。君子なるかな蘧伯玉。邦に道あれば則ち仕え、邦に道なければ則ち巻きてこれを懐にすべし。
先生がいわれた、「まっ直ぐだな、史魚は。国家に道のあるときも矢のようだし、国家に道がないときにも矢のようだ。君子だな、蘧伯玉は。国家に道の在るときは仕え[て才能ををあらわすが]、国家に道がないときにはくるんで隠しておける。
# by mteisi | 2017-04-23 08:04 | 孔子