孔子254
c0169176_7391297.jpg


子曰、賜也、女以予爲多學而識之者與、對曰然、非與、曰、非也、予一以貫之、
子の曰わく、賜や、女予れを以て多く学びてこれを識る者と為すか。対えて曰わく、然り、非なるか。曰わく、非なり。予れは一を以て之れを貫く。
先生がいわれた、「賜よ、お前はわしのことをたくさん学んで[それぞれ]覚えている人間だと思うか。」[子貢は]お答えして、「そうです。違いますか。」「違うよ。わしは一つのことでつらぬいていいる。」


子曰、由、知徳者鮮矣、
子の曰わく、由よ、徳を識る者は鮮なし。
先生がいわれた、「由よ、徳のことが分かる人はほとんどいないね。
# by mteisi | 2017-04-20 07:50 | 孔子
朝歌4月19日
c0169176_841575.jpg

am6:00

c0169176_851140.jpg

そらいろのあわくすみてしゆみづきも

c0169176_854878.jpg

素羅淡清白而弓月
# by mteisi | 2017-04-19 08:06 | 朝歌
c0169176_81967.jpg

オン・ウン あたたかい・おだやか
形声
旧字は溫に作り??声。
??は器中のものが温められて熱気がみちている形で、
溫の初文。
# by mteisi | 2017-04-19 08:03 | 語源で遊ぶ
萬葉集643
c0169176_7541150.jpg

十二月庚辰冬十月、依大宰少貳藤原朝臣廣嗣謀反發軍、幸于伊勢國之時、河口行宮内舎人大伴宿祢家持作歌一首
河口之 野邊尒廬而 夜乃歷者 妹之手本師所念鴨
河口の 野邊に廬りて 夜の經れば 妹がたもとし 思ほゆるかも
# by mteisi | 2017-04-19 07:54 | 萬葉集
孔子253
c0169176_7531333.jpg


在陳絶糧、從者病莫能興、子路愠見曰、君子亦窮乎、子曰、君子固窮、小人窮斯濫矣、
陳に在して糧を絶つ。從者病みて能く興つこと莫し。子路愠って見えて曰わく、君子も亦た窮すること有るか。子の曰わく、君子固より窮す。小人窮すれば斯に濫る。
陳の国で食糧がなくなり、お供の人々は疲れはてて立ち上がることもできなかった。子路が腹を立ててお目みえすると、「[修養をつんだ]君子でも困窮することがあるのですか。」といった。先生はいわれた、「君子ももちろん困窮する、だが小人は困窮するとでたらめになるよ。」
# by mteisi | 2017-04-19 07:53 | 孔子
朝歌4月18日
c0169176_7401014.jpg

am6:57

c0169176_74025100.jpg

うるおわすそらのねずぐもまだあつく

c0169176_74163.jpg

濕潤大地鼠雲而厚
# by mteisi | 2017-04-18 07:42 | 朝歌
c0169176_7354430.jpg

シ ゆく・これ・この
象形
足あとの形。
歩の上半部にあたる。
足が前に進むことを示し、
之往が字の初義。
# by mteisi | 2017-04-18 07:39 | 語源で遊ぶ
萬葉集642
c0169176_7325079.jpg

十一年己卯天皇遊獦髙圓野之時、小獸泄走都里之中。於是適値勇士生而見獲。卽以此獸獻上御在所副歌一首 獸名俗曰牟射佐

大夫之 高圓山尒 追有者 里尒下來流 牟射佐毗曾此

ますらをの 高圓山に せめたれば 里に下りける むざさびぞこれ

 右一首大伴坂上郎女怍之也。但未逕奏而小獸死斃。因此獻歌停之
# by mteisi | 2017-04-18 07:35 | 萬葉集
孔子252
c0169176_7315296.jpg

論語 巻弟八
衞霊公第十五

衞霊公問陳於孔子、孔子對曰、俎豆之事、則嘗聞之矣、軍旅之事、未之學也、明日遂行、
衞の霊公、陳を孔子に問う。孔子対えて曰わく、俎豆の事は則ち嘗てこれを聞けり。軍旅の事は未だこれを学ばざるなり。明日遂いに行る。
衞の霊公が孔子に戦陣のことをたずねられた。孔子はお答えして「お供えの器のことなら前から聞いておりますが、軍隊のことはまだ学んでおりません。」といわれると、あくる日にすぐ[衞の国から]立たれた。
# by mteisi | 2017-04-18 07:32 | 孔子
朝歌4月17日
c0169176_7524651.jpg

am7:06

c0169176_753289.jpg

かぜふきてくもあしばやにながれゆく

c0169176_7534771.jpg

風在天空黑雲流行
# by mteisi | 2017-04-17 07:54 | 朝歌